おだんごに和菓子にお惣菜まで!「だんご屋たかの 野方店」

西武新宿線「野方駅」から徒歩3分、野方商店街の中に1995年創業の「だんご屋たかの」があります。
こちらのお店ではさまざまな「おだんご」の他に、大福などの和菓子、巻き寿司やお弁当などのお惣菜も販売しています。

おだんごからお惣菜までさまざまな商品が店頭に並んでいます

こちらでの人気の商品はやっぱり「おだんご」。
その中でも醤油とみりんで味つけした「やきだんご」(60円/税込)と、とろみのついたあまいタレの「みたらしだんご」(60円/税込)は特に人気が高いとのこと。

「みたらしだんご(60円/税込)」(左上)と、「やきだんご(60円/税込」(右下))

他にも「いそべだんご」(70円/税込)や「ごまだんご」(70円/税込)などもあり、「だんご屋」の名のとおり、さまざまなお団子が販売されています。

また、「大福」や「わらびもち」などの和菓子や「おこわ」や「巻き寿司」の種類も豊富。
「巻き寿司」では一番人気の「太巻」(340円/税込)の他に、しいたけがたっぷり入った「しいたけ巻」(380円/税込)や、ビビンバ・とりそぼろ・卵焼きをごま油と白ごまをまぶしたご飯で包んだ「コリアン巻」(440円/税込)などが人気で、お団子と一緒に買って行くお客さんも多いそうです。

巻き寿司の種類も豊富!

 

こういった定番商品の他に、期間限定の季節商品にも注目です。
取材した3月には、春を感じさせる「いちご大福」(180円/税込)や「さくらあんだんご」(80円/税込)の他に、「うぐいすもち」(130円/税込)や定番の「道明寺(さくらもち)」(130円/税込)などが売っていました。

特に「いちご大福」は、その豪華な見た目もあって若い人にも大人気。夕方には売り切れてしまうことも多いそうです。

「いちご大福(180円/税込)」(手前)と「さくらあんだんご(80円/税込)」(奥)

大きなイチゴが大福の上に乗っている様は、まるでショートケーキのようです。
白あんに桜の葉の塩漬けを練りこんだ「さくらあんだんご」も、かわいらしいピンク色が春の到来を視覚的にも楽しませてくれます。
こちらはどちらも5月の連休頃までは販売しているとのこと。

「さくらあんだんご」(80円/税込)

 

こういった季節を感じさせる和菓子だけでなく、定番和菓子からお惣菜まで取り揃えている「だんご屋たかの 野方店」。
野方周辺を訪れた時に、ぜひお店をのぞいてみてください。

 

だんご屋たかの
住所 中野区野方5-32-5
TEL 03-3223-8151
営業時間 7:00〜19:30
定休日 月曜日
アクセス  西武新宿線「野方駅」より徒歩3分

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事取材当時のものです。