本格的なカメラデビューの強い味方「フジヤカメラ」

フジヤカメラ本店の外観

1938年に中野で創業したカメラ専門店の「フジヤカメラ」。中野にお店を構え80年近くにもなる老舗です。大型量販店にも負けない品ぞろえを誇る“本店”、三脚からスタジオ関連機材、メンテナンス用品まで取りそろえた“用品館”、カメラに関わるさまざまな中古用品がそろう“ジャンク館”と、現在は3つの店舗を中野で展開しています。2020年の秋には、映像やビデオに特化した専門店もオープン予定です(すべて中野駅北口から徒歩圏内の好立地です)。

 

本店の1階。新品・中古のカメラやレンズでいっぱい!

メインとなる本店は1F、2Fからなり、ショーケースには国内外メーカーの新品・中古のカメラやレンズが所狭しと並んでいます。主に1Fでは、キヤノン、フジフイルム、オリンパス、パナソニック、ソニーといったメーカーのカメラ、レンズ、ストロボなどの装備品。2Fはニコン、ライカ、ハッセルブラッド、コンタックス、ペンタックスなどのカメラ、レンズなどを取り扱っています。

 

新製品も充実のラインナップ&良心的な価格で販売中です。

前記の通り、お店の強みはなんといっても驚くほど豊富な品ぞろえと価格の安さ。中古の買い取りも行っており(買い取り価格も自信ありとのこと!)、店内は毎日入れ替わる豊富な中古機材と新製品でいっぱい。カメラ愛好家の方ならば、お店に並ぶアイテムを見ているだけでも楽しくなってくる空間が広がっています。

中古のフィルムカメラも充実のラインナップ。お手頃な値段で購入できるのが嬉しいですね。

新製品から中古品まで含めると常時約2000点のアイテムが販売されているため、初心者の方から上級者まで自分にあった機種が見つけられるのではないでしょうか。また、スタッフの方はカメラの知識も豊富で、カメラ好きの方ばかり。そのため、不安な点や気になることを相談すれば親切に対応してくれるアットホームな雰囲気のお店です。副店長の塩澤さんも「使い方の質問から世間話まで、何でも受け答えできるお店でありたいです」と、取材時に笑顔で語ってくれました。

 

憧れだったあのフラッグシップモデル機も、手に届く価格に!?発売当時は給料の1〜3カ月分とも言われたNikonのFシリーズも1万4300円!

 

長年、カメラ好きのニーズに応え続けてきた信頼感もあり、お店にはコアなファンの方が多く来られるそうです。塩澤さん曰く、「お客さんとのコミュニケーションも、いい意味で非常にフランクで、親しみのある接客を心がけています。カメラ好きで詳しいお客さんが多いので、新人のスタッフは逆に教わることも多かったりします(笑)」とのことでした。

 

レンズも探しやすいように、メーカーごとにセンサーのサイズで分けて陳列されています。

 

販売メーカーも多岐に渡ります。スタッフの方に相談して、お好みの1台をみつけてください!

本店で取り扱っている中古品は6ヶ月の保証が付いているのも安心できるポイントです(※税込1万1000円以上の商品が対象)。さらに下取り交換も行っているため、初心者~中級者の方も次のステップに進みやすく、また上級者にはいろいろな挑戦ができる環境が整っています。

 

フジヤカメラ(本店)
所在地 中野区中野5-61-1 中野タツミビル
アクセス JR「中野駅」より徒歩1分
電話 03-5318-2241
営業時間:10:00〜20:30
年中無休

★公式サイトはコチラ

※店舗では新型コロナウイルス感染症対策に対する取り組みを行なっております。

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事取材当時のものです。