大栗がひと粒ゴロっと入った絶品和菓子の「こげつどう(虎月堂)」



昭和42年(1967年)に中野区南台で創業し、昭和53年(1978年)に現在の地に移転。中野の地で50年以上お店を構える和菓子の老舗「こげつどう(虎月堂)」。大きな栗を丸ごとひと粒使った絶品和菓子が人気の、地元で愛されている和菓子屋さんです。

なんと言ってもお店のイチ押しは栗まんじゅうの「黄玉満(こうぎょくまん)」(295円/税込)。こちらは中野の逸品グランプリ2009で最優秀逸品賞を受賞した銘菓で、皮の中には、中身のほぼ8割をしめる大きな栗がひと粒と白あんが入っています。

 

サクッとした軽い食感の皮の中に、一粒栗とあんこが入っている栗最中「虎月燕山(こげつえんざん)」(250円/税込)。こちらはつぶあんとこしあんの2種類から選べます。

「黄玉満」や「虎月燕山」などの栗菓子にも負けない人気があるという「どらやき」(210円/税込)。日によっては早い時間で売り切れてしまうこともあるのだそうです。

フワッと柔らかい皮の中に、黄身あんと甘酸っぱい梅の実ひと粒が入った焼き菓子「ひととき梅」(235円/税込)。

笑みがこぼれてしまうほど美味しい「えみまんじゅう」(170円/税込)の中には、白あんと食べやすいように砕いた栗が入っています。

甘味の定番「あんみつ」(420円/税込)も人気メニューのひとつ。寒天とこしあん、求肥に干し杏と具材もたっぷり。赤えんどう豆と黒蜜が別添えで付いてきます。

 
お店には甘味以外にも、おかきなどのおせんべい類(こちらはどれも一袋 400円/税込)も販売しています。



栗菓子やどらやきをはじめとする人気和菓子は、贈答用の詰め合わせもバリエーションが豊富にあり、直接、お店から全国へ発送することが可能です。中野のお土産として贈るのも素敵ですね。

地元の方から通りかかった一見の方まで、ひっきりなしにお客様が訪れる「こげつどう(虎月堂)」。ここはまさに街の和菓子屋さんと呼ぶに相応わしいお店です。

 

こげつどう(虎月堂)
住所 中野区中央5-40-15-103
電話 03-3384-0082
営業時間 9:00~17:00
定休日 日・月曜日
アクセス JR中央線「中野」駅より徒歩12分

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事取材当時のものです。