エッジのきいた独自カルチャーの発信基地「墓場の画廊」

世界中からファンが押し寄せるアニメ・サブカルチャーの聖地「中野ブロードウェイ」。
今回は、多種多様なお店が並ぶこの異空間の中でもひときわ目立つ、“あの世とこの世を結ぶ特殊画廊”をうたうアートスポット「墓場の画廊」をご紹介します。

中野ブロードウェイ3階「墓場の画廊」

「墓場の画廊」は、中野ブロードウェイ3階フロア北側、一番奥突き当たりにお店を構えています。
“墓場の画廊”は画廊の名が付くとおり、お店の右手にある展示スペースでは展覧会を中心にトークショーや撮影会など様々なイベントを月替わりで開催。無料なので自由に見ることができます。



取材時(2020年6月5日)、「墓場の画廊」では90年代を代表する対戦格闘ゲームの名作「THE KING OF FIGHTERS ’98」の企画展「THE KING OF FIGHTERS ’98展~KOFオロチ編 in 墓場の餓狼~」を開催していました。

★このイベントについての情報や限定グッズの詳細はコチラ
※会期後、一部の商品は販売を終了している場合がございます。詳しくは店舗へお問い合わせください。


 
展示スペースの壁面には、キャラクターの設定資料が一面に並ぶ


会場の奥には人気キャラクターの“草薙京”と“八神庵”の、今にもファイトが始まりそうな迫力のあるボードが設置されており、二人の因縁対決に割って入って記念撮影することが可能。

墓場の画廊は、こういった展示スペースと連動して関連グッズも販売しています。このお店でしか買えない限定アイテムも各種勢揃い!

“THE KING OF FIGHTERS ’98”の関連グッズも販売

また「墓場の画廊」では、こういったイベント展示スペースとは別に常設物販コーナーがあり、こちらではこれまでに開催されたイベント限定のコラボアイテムを数多く販売しています。

常設物販コーナーでは過去開催されたイベント関連グッズが販売されています


お笑い芸人“ハリウッド ザ コシショウ”のコーナー


漫画家 永井豪の代表作“デビルマン/マジンガー”コーナー


80年代“キン消しブーム”を巻き起こした“キン肉マン”コーナー


1993年より連載が続く“浦安鉄筋家族”コーナー

 
こちらは様々なキャラクターとコラボしたお酒コーナー


墓場の画廊オリジナルグッズも販売しています(Tシャツ、ポーチ、ピンバッジ、ステッカー他)

 

中野ブロードウェイ3階奥にあるアートスポット「墓場の画廊」、いかがだったでしょうか。
小規模ながらも充実した展示内容は、アニメ・サブカル好きはもとより、作品に詳しくない方でも楽しむことができます。
もちろん、ここでしか買えない限定グッズも数多く揃えているので、ファンであればあれもこれも欲しくなること間違いなしです!
ぜひ一度足を運んでみてください。

直近のイベントでは、7月3日より「墓場の特撮ソフビ祭り」を開催しています。

※開催イベントに関しては、コロナ禍の影響もあり関係各所と調整しながら随時の更新を予定しています。お越しの際は、墓場の画廊公式サイト、またはTwitterをご確認下さい。

 

墓場の画廊
所在地 中野区中野5-52-15 中野ブロードウェイ3F
電話 03-5318-9221
営業時間 平日12:00~20:00 土日祝11:00~20:00
定休日 無休
アクセス JR中央線「中野」駅北口より徒歩5分

★お店の公式サイトはコチラ
★お店の公式Twitterはコチラ

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事取材当時のものです。