「エリヤ洋菓子店」魅惑のバタークリームケーキ

青梅街道から南に伸びる鍋屋横丁通りの鍋横商店街。美味が集まる商店街の真ん中にエリヤ洋菓子店があります。創業は1969年、実に50年以上も当地でおいしいケーキや洋菓子を作り続けています。

お店の看板商品は「バタークリームケーキ」と「魔女の指」! ただならぬ名前の「魔女の指」も、とってもおいしいお菓子です。

 

魔女の指(450円〜/税込)※価格はサイズによる

こちらが「魔女の指」。真っ黒な外側はフランスのチョコレートメーカーであるヴァローナ社のチョコレートを使ったオリジナルブレンドのチョコレート。その中には柔らかいオレンジピールが包まれています。わかりやすい名前なら「オランジェット」でしょうか。食べごたえのあるオレンジピールのためにブレンドされたチョコレートは相性抜群です。

 

バタークリームケーキ(ホール2870円〜、ショートサイズ440円/各税込)※価格はサイズによる

バタークリームケーキは真ん中にクリームで作られたバラが飾られ、美しいケーキに仕上がっています。バタークリームケーキはかつてケーキの定番でしたが、生クリームケーキが主流となった現在では全国的に珍しいケーキになってしまいました。エリヤ洋菓子店では、今もお店の自慢の逸品です。

バタークリームで作られた食べられるバラ飾り

バターの濃厚さとコクたっぷりの甘みがどこか懐かしい、ミルキー感がくせになるおいしさです。ケーキの飾り付けもバタークリームの固く仕上がる特性を生かした細やかなデコレーション。バラが咲いたケーキはお祝いごとにもぴったりで、贈られた方も嬉しくなりますね。

店内にはお菓子がいっぱい!

そのほかにも、ロールケーキやブランデーケーキといった切り分けやすい生菓子、アップルパイをはじめとする焼き菓子、お店のこだわりが詰まった生チョコレートなど、価格も大きさもさまざまなお菓子が用意されています。

エリヤ洋菓子店のお菓子はできる限り人工の香料や色素などを使用せず、素材本来の風味を生かしたおいしさを目指してすべて手作りされています。お店にはお菓子を求めて家族連れや年配の方がよく来られるそう。「当店の洋菓子でホッと一息ついてほしい」という思いと、お客さんの「おいしい!」の声を励みに今日も鍋屋横丁で洋菓子を作っています。

 

エリヤ洋菓子店
所在地 中野区本町4-38-18-101
電話番号 03-3384-1234
営業時間 10:00~20:00※木曜日のみ10:00~18:00
定休日 基本的に元旦のみ
アクセス 東京メトロ丸ノ内線「新中野駅」より徒歩5分

★お店の公式サイトはコチラ
★お店のTwitterはコチラ

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事取材当時のものです。