昭和レトログッズショップ巡りでノスタルジーに浸ろう!

子供の時、夢中になって遊んだり集めたりした”宝物”は、見ただけでその当時のことを思い出し、童心に戻してくれる魅力があります。それはおもちゃに限ったことではなく、毎日使っていた日用品や持っていた文房具でも同じ。

今回はそんな昭和レトログッズを取り扱うお店、「中野ヴィンテージモール」「まんだらけ こんぺいとう」「ガオッチ」の3店舗をご紹介します。

昭和のフリーマーケット気分が味わえる「中野ヴィンテージモール」


2013年、中野ブロードウェイ2Fにオープンしたレンタルショーケース「中野ヴィンテージモール 」。店内通路の両サイドには大きなショーケースが並び、おもちゃやミニカー、人形、西洋アンティークや日用品など、様々なレトログッズを展示・販売しています。

★お店について詳しくはコチラ

珍しい“おまけ”と“紙物”の専門店「まんだらけ こんぺいとう」


お菓子の「おまけ」と、かるた・めんこ・ぬり絵などの「紙物」の専門店「まんだらけ こんぺいとう 」。特に江崎グリコのおまけは、戦前のものから2000年代のものまで幅広く取り扱っており、その数500種以上と非常に豊富な品揃えで展示・販売されています。

★お店について詳しくはコチラ

数万点もの昭和レトログッズが所狭しと並ぶ「ガオッチ」


2006年より中野ブロードウェイ3Fにお店を構える「ガオッチ」。店内にはソフビ製の怪獣や特撮・アニメヒーローの消しゴムやおもちゃを始め、駄菓子屋で流行っためんこや引きくじカード、他にも懐かしの文具・雑貨、シールやおまけなど、さまざまな古いおもちゃ・紙物を展示・販売しています。

★お店について詳しくはコチラ

  

中野ブロードウェイの中には、今回ご紹介した3店舗のほかにも「レトログッズ」を取り扱うお店がたくさんあります。こうした古いおもちゃは、当時を懐かしく振り返ることができる貴重な品々。色んなお店を巡って、童心に戻れる“思い出の一点”をぜひ探してみてください!

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事取材当時のものです。