中古コミックスが20万点以上!漫画といえば「まんだらけ 本店」

まんだらけ 本店1 入口外観

現在会長の古川益蔵氏が、当時ほとんどなかった漫画専門の古書店として、1980年に中野ブロードウェイで始めたのが「まんだらけ」。店舗買取の際、駅から濡れずに本を持ち込める利便性からこの地に出店したとのことで、1階から直通エスカレーターで3階へ上がると、ブロードウェイ通りすぐ左手に特徴的なお店が見えます。


店舗前面の上部には、パイプなどの造形物や昔の本などのビジュアルアートがコラージュされており、独特の雰囲気を醸し出しています。またその下は、漫画1冊100円・3冊200円のバラ売りや全巻セットなど、足元近くまで漫画がぎっしり陳列されています。

店内は、少年コミック・少女コミック・BLコミック、ほかにもTVアニメやドラマ、映画になったメディア化作品コーナーや青年コミックエリアと、ジャンルごとに細かくゾーニングされています。

現在本店では少女コミックに力を入れており、最新の人気作はもちろん、70〜80年代の作品を中心としたレトロ少女コミックコーナーも充実しています。


店舗正面には「キャンディ・キャンディ」特集のショーケースも!

こちらの棚には店舗オススメの作品が展示販売されています。こちらの手書きポップは漫画好きスタッフならではの力作揃いで、どのポップからも漫画愛が伝わってきます。仕上がりはポップの枠を超えるほどのハイクオリティ!









店舗左奥の青年コミックコーナーに入ると、通路左右の本棚にはびっしり漫画が。作家別、雑誌(出版社)別に並んでおり、その様子はまさに圧巻のひと言。


店内にはコミック以外にも、雑誌の付録や宝塚アイテムなどを販売するコーナーもあります!

また、本店1向かいには、青年・成年コミック、サブカルコミック、ライトノベル、アニメ&ホビー雑誌、アニメ画集を取り扱う「まんだらけ 本店2」があり、店舗前のショーケースには、漫画家のサイン色紙やサイン本、アメコミ、ボードゲームなども展示販売されています。

まんだらけ 本店2 入口外観




店内は本店1と同じく作家別に分けられており、コミックスだけではなくアニメ作品の画集やアニメ雑誌のアーカイブも数多く販売されています。もちろんスタッフ手書きのポップも添えられており、いいアクセントになっています。



〜お店からご来店される方にひと言〜
「一般的な人気作品だけではなく、スタッフの個人的おすすめ作品コーナーの展示にも力を入れています。作品に対する思い入れが強い分、手書きポップにも力が入っています。ぜひ見て楽しんでいただけたら幸いです。コロナの影響で通販をご利用されるお客様が増えておりますが、ひと段落した際には店舗へ足を運んで頂き、その目で実物を見て、商品の良さ、懐かしさ、楽しさを直接感じ取っていただけると嬉しいです」

 

まんだらけ 本店1・2
所在地 中野区中野5-52-15 中野ブロードウェイ3F
電話番号 03-3228-0007
営業時間 12:00~20:00(無休)
アクセス JR中央線「中野駅」北口より徒歩5分

★お店の公式サイトはコチラ

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事取材当時のものです。