漫画大国日本!コミック探しに中野へGO!

日本が世界に誇るクールジャパンのひとつ、それが漫画!
漫画は昔は“子供の読むモノ”と大人たちから敬遠されていた時代もありましたが、いまやクールジャパンの中でもアニメと並んで中核をなすコンテンツとなり、老若男女問わず世界中で多くの人たちに愛されています。

そこで今回は、中野ブロードウェイ内にある漫画コミック取り扱い店舗の中から、おすすめ2店をピックアップ。新刊を取り扱う「明屋(はるや)書店」と、中古本・レア本を取り扱う「まんだらけ 本店1・2」をご紹介します。

中野ブロードウェイとともに54年「明屋書店」


1966年の中野ブロードウェイ創業時よりこの場所で営業している「明屋(はるや)書店」。店内入口目の前にはコミックの新刊コーナーがあり、話題の新作がズラリと勢ぞろい。店内奥にもコミックコーナーは広がり、雑誌別や出版社ごとに見やすく、探しやすく陳列されています。さらには「みほん・サンプル」と書かれた冊子が置かれた“ちょい読みサービス”も。店内の至る所に、作家からお店に寄せられたサイン色紙等が飾られているので、それらを眺めながら回るのも楽しみのひとつです!

★お店について詳しくはコチラ

 

中古漫画20万点以上の品揃え!「まんだらけ 本店」


まんだらけの一号店として1980年に中野ブロードウェイにオープンした「まんだらけ本店」。まんだらけは今や館内に30店舗を構える、中野ブロードウェイのキーテナントでもあります。中古本をメインとし、稀少なレア本からお買い得な100円本まで、在庫も含めると20万点以上の商品数を誇ります。コミック以外にも、画集やアニメ専門誌、サイン色紙などを販売しています。漫画好きのスタッフによる手書きポップも見所です!

★お店について詳しくはコチラ

 

中野ブロードウェイの中には、今回ご紹介した2店舗の他にもコミックを扱うお店はたくさんあります。店内に飾られている作家のサインやスタッフによるポップ等、お店にはそれぞれ特徴があるので、それらも楽しみながら巡ってみてはいかがでしょうか。お気に入りの一冊がきっと見つかるはずです!

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事取材当時のものです。