【中野駅南】新地域ブランド立ち上げで盛り上がる「桃園商店街」めぐり

「桃園」は、中野駅から南にある地域で、江戸時代、8代将軍徳川吉宗が紅白の桃を植え「桃園(とうえん)」と称えたことが由来となっています。再開発が予定している中野駅の西口には中野駅南北エリアをつなぐ連絡通路ができますが、その南側出口に位置する「桃園通り」にあるのが「桃園商店街」です。約45店舗がお店を営業しており、のどかでおちついた雰囲気を漂わせる商店街となっています。現在は、商店街全体の活性化のために、若い商店主達が中心となって新しい地域ブランド「モモゾノクラフト」の立ち上げや、昔から商店街にあるおすすめ商品を「モモゾノセレクト」としてアピールしています。今回はそんな新しい活動が盛んな「桃園商店街」のお店を巡ってみたいと思います。

花月

桃園商店街北側入り口からすぐの場所にあるフラワーショップ「花月」。季節ごとに生産地、生産者にこだわって仕入れた季節の花々が、お店にたくさん並んでいます。お花以外にも観葉植物やサボテン、ハーブなど多種多様。また「モモゾノクラフト」商品でもある「桃の花のハーバリウム」は、どの角度から見ても花びらがキレイに見えるように作られており、透き通る桃色が人気をよんでいます。

「モモゾノクラフト」ブランド商品の「桃の花のハーバリウム」(1800円/税込)

★「花月」について詳しくはコチラ

 

スタジオ・コエット

桃園通りから西方向の横道に入ってしばらく行くと現れるシックなお店が、バッグブランド「コエット」のアトリエ兼ショールーム「スタジオ・コエット」。「コエット」のバッグは、日本全国の他、フランスを始め、香港や台湾でも販売されています。

★「スタジオ・コエット」について詳しくはコチラ

Bougain Villea(ブーゲンビリア)

桃園通りから西方向の横道に入ってすぐに、ベーカリー「Bougain Villea(ブーゲンビリア)」はあります。「お客さんに毎日のパンをリーズナブルに提供したい」をモットーに、店内には、スタンダードな食パンを始め、総菜パンや菓子パンなどが並び、その種類はバラエティ豊かです。連日常連さんで賑わっており、お昼すぎには商品のほとんどが売り切れる人気店です。

★「Bougain Villea(ブーゲンビリア)」について詳しくはコチラ

ムトウ コーヒー ロースタリー

JR中野駅南口徒歩2分(中野マルイ2階出入り口を出て斜め前)にあるのがコーヒー専門店「ムトウ コーヒー ロースタリー」です。こちらのお店では、世界中から選りすぐった”スペシャルティコーヒー”のみを使用。毎朝、焙煎機で自家焙煎しています。地元にちなんだ「ももぞのブレンド」は、果実のような甘味のアロマが特徴です。

★「ムトウ コーヒー ロースタリー」について詳しくはコチラ

 

はいから喫茶 桃花園

桃園通りにある見た目も名前もかわいい喫茶店の「桃花園」(トウカエン)。桃園通りにお店を開くことになったので桃花園という名前になったそうですが、メニューにも桃にちなんだスイーツがいっぱい!お店の看板メニューの「飲む桃」は、桃の美味しさがぎゅっとつまったスムージー。暑い日にはぴったりです!

★「はいから喫茶 桃花園」について詳しくはコチラ

roji spice&___(ロジ スパイス&アンダーバー)

「中野レンガ坂」の路地裏に隠れるようにあるスパイス料理専門店が「roji spice&___(ロジ スパイス&アンダーバー)」。「モモゾノクラフト」の企画立案者、蟻塚さんが経営するお店です。こちらのお店では、多種多様なスパイスを使ったカレーを始め、肉、魚、野菜の旨味と調和する様々なスパイス料理が味わえます。

★「roji spice&__」について詳しくはコチラ

 

いかがでしたでしょうか、「桃園商店街」。「モモゾノクラフト」「モモゾノセレクト」は、まだまだラインナップが増えていく予定とのこと。これから「桃園商店街」から目が離せませんね!

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事取材当時のものです。