できたての唐揚げ・天丼をテイクアウト!お弁当屋「じゅん天」

*この記事は授業の一環で学生が作成したものです。
This article was written by students as a part of their course activity.
■この記事の英語版はコチラ [click here for the English translation.]

 

こんにちは!明治大学国際日本学部 佐藤ゼミナール チームJasmineです!

私たちが紹介するのは、西武新宿線「新井薬師前駅」から徒歩5分の場所に位置する、手づくりお弁当・お惣菜の「じゅん天」さん。今回は、店主の横部さんのこだわりやお店を経営するうえでの思いを伺いました。

赤い屋根のかわいらしいお弁当屋さん

まず見えたのは、目を惹く赤い屋根と可愛らしい看板です。お店入り口右側には、手書きのメニュー表が飾られています。「じゅん天」というお店のネーミングは、以前経営していた居酒屋「まこ天」と、横部さんの息子さんのお名前の「じゅん」を組み合わせたそうです。

商店街の少し先にある、アットホームな雰囲気漂う外観のお店

手描きの可愛いメニューとイラストに心が温まります。

ここならでは!丹精込めたお弁当!

  店内の壁に貼られたお弁当の写真が食欲をそそります。種類が豊富でどれにしようか迷ってしまいます。その中でも1番人気は「唐揚げ弁当」(500円/税込)です。唐揚げは注文を受けてから揚げています。 「じゅん天」さんのこだわりとして、「できたて」かつ「お待たせしない」ということが挙げられます。お客さんにできたてのものを食べてほしいという思いから、注文を受けてから3~4分で作り、販売しています。

いざ、実食!衣はサクサク、お肉はジューシーな唐揚げ。ボリュームがあり、ホカホカのご飯とよく合います。

気さくな店主 横部さん

横部さんは、目を合わせて感謝の気持ちを伝えることやお客さんとわずかな時間でも会話を交わすなど、温かな接客を心がけているそう。チェーン店にはない“町の弁当屋”としての気さくな人柄が感じられます。

店主の横部さん

最近は新型コロナウイルス感染症の影響で会社や花見時の大量注文がなくなったなど大きな変化があったそうです。しかし「美味しい」というお客様の声や、リピートしてくださるお客様を励みにしているそうです。また、店頭でのお弁当・お惣菜の販売のほか、春・夏の長期休暇には近くの学童クラブにお弁当を配達するなど、地域に密着した、地元から愛されるお店であると感じました。

お肉からお魚まで豊富なメニュー

人々に愛されるお店「じゅん天」

インタビューを通じて、横部さんの「お客様の満足度を第一に考え、人々から愛されるお店でありたい」という思いが伝わってきました。「じゅん天」さんはお手頃価格で、できたてにこだわった美味しい手づくりお弁当を販売している素敵なお店です。皆さんも新井薬師の近くに訪れた際は、手づくりお弁当・お惣菜の「じゅん天」さんにぜひ足を運んでみてください。

 

じゅん天
所在地 中野区新井5-1-1
電話番号 03-6326-8194
営業時間 10:30~20:00
定休日 土曜日
アクセス 西武新宿線「新井薬師前駅」より徒歩5分

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事取材当時のものです。