【中野駅→東中野駅】中野でアート&カルチャーを感じよう!

中野ブロードウェイをはじめとしてサブカルチャーで有名な中野ですが、実は図書館、イベントホール、美術館、映画館など、アート&カルチャーを体験できる施設が中野駅~東中野駅エリアにいくつも存在するのです。また、それらを体験後、余韻に浸れる公園やカフェも。今回は、「アート&カルチャーを感じるコース」を辿っていきます。

【START】中野駅南口

 

JR中央線「中野駅」南口からスタート!

↓ 徒歩約4分

silo coffee stand(シロコーヒースタンド)

 JR中央線「中野駅」南口から線路沿いを東へ歩いて行くと、商店街の中に「シロコーヒースタンド」があります。まずは、ここでおいしいコーヒーを1杯飲んで、頭をシャキッとさせてから、アート&カルチャーの旅に出発です。

★「シロコーヒースタンド」について詳しくはコチラ

↓ 徒歩約3分

なかのZERO

商店街を抜けると見えてくる大きな建物が、複合文化施設である「なかのZERO」。中野区の生涯学習・文化芸術活動の拠点として、コンサートや講演会に利用できる大ホールをはじめ、小ホールや、多目的練習室、学習室など多彩な機能・設備を備えています。

★「なかのZERO」について詳しくはコチラ

中央図書館

複合文化施設である「なかのZERO」の中にあるのが、平成5年(1993年)に設立された「中央図書館」。書架約50万冊と中野区内で最も蔵書量が多いのが特徴です。

★「中央図書館」について詳しくはコチラ

紅葉山公園

「なかのZERO」の隣にあるのが、中野区の東京開都百年記念事業として整備された「紅葉山公園」。私有地であった大正時代の頃から紅葉の大樹が数多く植え込まれており、「紅葉山」と呼ばれ、四季折々の風情を伝えてきた歴史ある公園。ひと息つくにはぴったりの場所です。

★「紅葉山公園」について詳しくはコチラ

 ↓ 徒歩約10分

桃園川緑道

「紅葉山公園」から住宅街を抜けて大久保通りを南西に行くと「桃園川緑道」に繋がります。杉並区に源を発した旧桃園川は現在暗渠化されており、杉並区から中野区にかけて、約3kmの遊歩道となっています。

★「桃園川緑道」について詳しくはコチラ

 ↓  徒歩約21分

東京黎明アートルーム

「桃園川緑道」から大久保通りを東にむかい、住宅街の中にあるのが、中野区唯一の美術館「東京黎明アートルーム」です。主に日本とそれに関連するアジア諸国の絵画、彫刻、陶磁器などの美術品を展示しています。

★「東京黎明アートルーム」について詳しくはコチラ

 ↓  徒歩約6分

On Flowers(オンフラワーズ)

「東京黎明アートルーム」から山手通りに出て北に向かうと、カフェも併設された花屋さん「オンフラワーズ」があります。派手な花を前面に出したディスプレイではなく、小花や草木を組み合わせたアートとして演出しており、カフェの席からも眺めることができます。

★「オンフラワーズ」について詳しくはコチラ

 ↓ 徒歩約4分

 ポレポレ東中野

「オンフラワーズ」から山手通りを北に行き、JR中央線の線路沿いを東に行くと、ミニシアター「ポレポレ東中野」に着きます。良質なドキュメンタリー映画を上映する映画館として、都内はもちろん全国から映画ファンが毎日訪れています。

★「ポレポレ東中野」について詳しくはコチラ

 ↓  徒歩約6分

namery(ナメリ)東中野店

「ポレポレ東中野」から「東中野駅」西口に抜け、山手通りを渡り、商店街「東中野ギンザ通り」の中ほどに、カフェ「MOCHA(モチャ)」があり、その中にアートなチーズケーキのテイクアウト専門店「Namery(ナメリ)東中野店」が入っています。

 

★「ナメリ」について詳しくはコチラ

 ↓  徒歩約4分

【GOAL】東中野駅西口

東中野駅西口でゴール!心揺さぶるアート&カルチャーには巡り会えたでしょうか?
各施設、毎月様々な企画を実施していますので、こまめにチェックして足を運んでみてはいかがでしょうか?

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事取材当時のものです。