プロも御用達! A5ランク和牛が揃う精肉店「肉匠 丸富 中野新橋店」

「中野新橋駅」から1本道のため、アクセスも楽々!

東京メトロ丸ノ内線「中野新橋駅」の改札を出て、青梅街道方面へと歩くこと約5分。通りの右手に、地域の方はもちろんプロの料理人も愛用しているお肉屋さん「肉匠 丸富中野新橋店」があります。肉の卸売業者「株式会社丸富商店」が、一般販売用に2015年7月にオープンしたお店です。

「肉匠 丸富中野新橋店」は主にA4、A5ランクの和牛のみを販売。特定のブランドにこだわることなく、美味しい和牛を全国から買い付け、販売しているのが特徴です。株式会社丸富商店の代表自ら、北は北海道、南は沖縄まで飛び回り、肉の買い付けを行っています。このように全国にアンテナを張ることで、各地の生産者の声が直接届き、東京の市場に入ってこないものも含め、美味しい和牛を常に仕入れることができるとのこと。料理店に卸されているプロが使用する特上の牛肉を手軽に購入できるのは、嬉しい限りですよね。

和牛のサーロインや、肩三角、芯々、希少部位の和牛レバー、和牛100%のビーフハンバーグなどが並ぶショーケース。

お店では、和牛のさまざまな部位が販売されており、オーダーカットなどにも対応してくれます。お店には、本日のおすすめが書かれた看板も。これは、季節の料理にあった肉の部位や、お店でカットした際に“いいサシ”が入っていた肉などが書かれているそうです。美味しいお肉がお得に購入できるので、お店に行った際は、ぜひチェックしてみてください。

お店に行ったら、まずはおすすめをチェック!

お肉は店内でカット。オーダースライスにも対応してくれます。

地域の方が利用するのはもちろんですが、丸富商店が卸している料理店のシェフが、自宅用に購入しに来ることも。まさに、プロがお店でもプライベートでも使いたくなるお肉が取り揃えられている証拠ですよね。

笑顔と元気に溢れた「肉匠 丸富中野新橋店」のスタッフの皆さん!

和牛以外には、岩中ポークや阿波尾鶏といった品種が販売されています。味はもちろんですが、生産者と提携しているため、安定した品質と価格で供給できるのが強みとのこと。岩中ポークは冷めてもお肉が硬くならず、美味しさをキープできるそうです。また、阿波尾鶏は柔らかい肉質が特徴で、ムネ肉でも通常の鶏モモ肉のような味わいとのこと。こちらも冷めても美味しく食べられるので、ご家庭で使う際には嬉しい特徴といえますね。

岩中ポークのロースやバラ、ひき肉、カレー・シチュー用、阿波尾鶏のささみ、モモ、ムネなど、ラインナップが充実。

ほかにも贈答用のギフトも販売中。お店はもちろん、ホームページからも注文可能で、プロ御用達の和牛がプレゼントできると人気です。

ギフトのラインナップも充実。こちらも卸問屋直営店舗ならではです。

A5和牛を使ったメンチカツ(200円/税込)やコロッケ(180円/税込)などが味わえる、お店の惣菜コーナーもおすすめ! 中にはオーダーしてから揚げる和牛ビーフカツ(980円/税込)も。

和牛や阿波尾鶏、岩中ポークといった、お店で扱う肉を使用した惣菜も魅力。

メンチカツを片手に、ぶらりと中野散歩するのも楽しそうですね! 

スタッフも取材後、メンチカツ片手に青梅街道をぶらりと歩いてきました!

 

肉匠 丸富 中野新橋店

住所 中野区本町3-19-10 新井ビル1階
アクセス 東京メトロ丸ノ内線「中野新橋駅」から徒歩5分
営業時間 10:00〜19:00
定休日 月曜日・第13日曜日
電話 03-5309-2917

★公式サイトはコチラ

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事取材当時のものです。