【中野駅】北海道・小樽発! 新感覚の大学芋「粉雪芋」が東京初上陸

【This article has an English translation at the end.】

 

皆さん、こんにちは。明治大学国際日本学部佐藤ゼミナールのチーム「ディープインパクト」です。

突然ですが「大学芋」と聞いてどのような物を想像しますか?

実は「大学芋」と言っても地域によって様々な違いがあるんです!

関東では芋にトロッとしたタレがかかった大学芋が主流ですが、関西では関東と違い、パリッとした食感が特徴の大学芋が食べられています。

そしてもう1つ! 今回紹介するのが、北海道は小樽で生まれたこちら!

     

芋に粉雪のようなサラサラした砂糖がかかった「粉雪芋」さんの大学芋です!

 

テレビでも紹介された北海道・小樽の人気店が
中野ブロードウェイへの出店で東京初上陸!

ブロードウェイ店店長の笹谷さん、実はテレビでも紹介された北海道・小樽の人気店「粉雪芋」の本店店長の息子さ

ん。是非東京にも北海道の味を広めたいという思いから出店を決意したそうです! なぜ東京の中でも「中野」を

選んだのか伺ったところ、なんでも飲食店を初めて出店する人にとって中野という町は人の流れも激しくたくさ

んのお客さんが見込まれるとのことです。さらに、笹谷さんも中野に住んでいたことがあり、この場所を選んだ

そうです。

お客さんの割合的には元々学生などの10代、20代をターゲットに販売を開始したそうですが、店を出してみる

と、学生からミドル世代、そして家族連れなど幅広い世代が店を訪れるということで、私たちが取材していた時

にも色々な世代のお客さんが訪れていました! さらに中野には学生がたくさんいるので、学生にももっともっと

これを機に知ってほしいともおっしゃっていました。

 

サクサク食感の秘密は?

このお店では大学芋のサクサクな食感にこだわっているので、使うお芋にこだわりがあるとのこと。

通常の大学芋は安納芋などの蜜がかかっている芋を利用するのが一般的ですが、粉雪芋さんでは、茨城県産「

紅あずま」のみを利用しています。サクサクな食感を出すには、水分量が少なく、芋の味がしっかりしている

ものを選ぶことが大切だそうです!

 

ケース&カップ入りから期間限定のシェイクまで
“大学芋”メニューがラインアップ

「粉雪芋」

持ち帰りにおすすめなのが「CASE」 500円(税別)。

 

食べ歩きには「CUP」 300円(税別)を。

どちらも新食感で、本当にサクサクしていて驚きました!

砂糖がしっかり付いているので一見すごく甘そうに見えるのですが、程よい甘みでタレのかかった大学芋よりも

食べやすかったです。私たちも何個も食べてしまいました。

100分の1の確率で星型の粉雪芋が混ざっています。見つけたらラッキー!

 

そして、期間限定の新商品「さつまいもシェイク」350円(税別)。

シェイクのさっぱり感の中にお芋の甘みがしっかりあって、これまたとても美味しかったです。

 

実は「粉雪芋」は大々的にお店の宣伝をしていなく、オープンしたばかりのため、混雑する前の今、行くのがお

すすめです。

このお店について興味を持った方は下記にお店の情報あるので、是非見に行ってみてください!


粉雪芋

 住所 東京都中野区中野5丁目52ー15 中野ブロードウェイ地下1階

 アクセス  JR中央線・東京メトロ東西線「中野駅」北口 徒歩5分

 TEL  03-5380-5722

 営業時間  10:00〜20:00   

 定休日 毎月第三水曜日

 <Twitter>  @konayukiimo

< Instagram >  konayukiimo

 

 

 

 

Hello everyone! We are, The Deep Impact, which is a team of Sato seminar of Meiji University.  

How do you image when you hear “daigaku imo”?

“Daigaku imo” is differ depending on the area. In Kanto region, it is popular as sweet potatoes that are glazed with syrupy source. It has unique, crispy texture in Kansai region.

And one more thing, this is what we want to introduce you today.

Konayuki imo

It is “Daigaku imo” which is sweet potatoes with powdered sugar.

“Konayuki imo” is a famous diagaku imo store of Otaru in Hokkaido. It opened in Nakano Broadway as the first “Konayuki imo” store in Tokyo!!

The reason why the owner, Mr. Sasatani, opened  this shop is his father carries on the head store of Konayukiimo in Otaru. Konayukiimo has become famous for the local people because it was taken up by one TV program. Thus, he decided to spread the taste to Tokyo. Moreover, he used to live in Nakano and Nakano is suitable for beginning a new business because many people visit there and flow of people is fierce, so he decided to open Konayukiimo in Nakano.

The percentage of customer is people of all ages for example, student, Middle Ages  and families in spite of originally , he set up the target to young. In fact, when we interviewed this store, various ages enter this store. Finally, he said that because in Nakano, there are many students, he wants students to visit there.

 

The owner takes the ingredients seriously in order to make the texture brittle.  He chooses only “Beni-Azuma”, which is one of the famous sweet potatoes made in Ibaraki prefecture, even though it is common to use orange fleshed yams for making candied sweet potatoes. It is important to choose sweet potatoes with low water content and a robust flavor.

 

Menu

Konayukiimo (Sweet potatoes coating with powdered sugar)】

You can choose from two types, cup or case.

Cup, easily to eat while walking, costs 300 yen (Tax is not included).

Case, good to take out and share with family, costs 500 yen (Tax is not included).

The outside is crispy and inside is soft. It might look too sweet because it is covered with sugar. But in real, it’s just right sweetness. It was so delicious that made us eating without talking!

Satumaimo shake (Sweet potato shake)】

This is a seasonal menu and costs 350 yen excluding tax. You will feel milk first, then slight sweetness of sweet potatoes comes after. It is refreshing and goes well with Konayukiimo.

 

This shop is just opened, so we recommend you to go there now!

We put basic information below, so if you have any interest, check it!!


Konayukiimo

 Address: B1 Nakano broadway, 5-52-15 Nakano, Nakano-ku, Tokyo

 Access: 5-min walk from Nakano station (JR Chuo Line/Tokyo Metro Tozai Line)

 Tel:  03-5380-5722

 Opening hour: 10:00-20:00

 Closed: The third Wednesday of each month

Twitter : @konayukiimo

Instagram : konayukiimo

 

明治大学国際日本学部佐藤ゼミナール

明治大学国際日本学部佐藤ゼミナールさん

私たちのキャンパスのある中野の街の魅力を、学生ならではの視点で発掘&発信していきます!

PAGE TOP