駄菓子とおもちゃに囲まれて、昭和30年代へタイムスリップ。「ぎふ屋」

gifuya6436

駄菓子とたばこを扱う面白いお店があると聞き、新井薬師前駅にある「ぎふ屋」に行ってきました。
創業は終戦後の昭和24年。「岐阜県から上京した父が、日用雑貨やたばこ、駄菓子の店を始めました。岐阜出身だから屋号を『ぎふ屋』にしたんです」と語るのは、7、8年前にお店を継いだ、店主の土屋さん。「継いだ際、昭和30~40年代前半のレトロなイメージにリニューアルしました」。
所狭しとディスプレイされた、レトロな看板やレコード、ウルトラマン人形、マンガ、ブロマイド、おもちゃ、駄菓子、そしてたばこのコーナー。一見、雑多な印象ながら考え抜かれたレイアウトは、見やすく買いやすく、とっても居心地がいい!
大人の客とは昔の話題で盛り上がることも多いとか。「最近は、会話をしなくても買い物できる店が増えて、コミュニケーションが希薄になってしまっていると感じます。近所の子供も大人も気軽に立ち寄って、自然に会話の生まれる店にしたいと思っているんです」
近所の小学生も常連。「最近あの子見かけないな、と思ったらほかの子に声をかけて聞いてみたり。昔の派出所のような感じですね」。子供たちに人気なのは、当たりつきの10円フーセンガムや、うまい棒。
時間帯によって客層がさまざまです。学校帰りの小学生、夕方は中・高生、会社帰りのサラリーマン。さらに「夜は11時までやっているので、酔っ払いがおつまみを買い求めにきます(笑)」
西武新宿線「新井薬師前」駅北口から徒歩1分。

住所 中野区上高田5-44-3
営業時間 12:00~23:00。土・日曜、祝日10:00~23:00
定休日 火曜
TEL 03-3389-4281

PAGE TOP