楽しんでますか?なかのまちめぐり博覧会!織田学園の学祭に行ってみた。

こんにちは!みなみです。

10月20日から始まった「なかのまちめぐり博覧会」、楽しんでいますか?
詳しくはこちらの記事をご覧いただくとして、
「なかのまちめぐり博覧会」とは、一言でいうと「秋の中野は毎日がお祭り!」です。
特に盛り上がるのは週末なのですが、毎日どこかで何かしらイベントが開催されています。

みなみけは今年、織田学園の学園祭にお邪魔しました!

10/27(土)・28(日)の二日間、
パティシエやコックの卵さんたちが作ったパンやお菓子・お料理を、
手ごろな価格で楽しむことができるのです。

コース料理や松花堂弁当など、学祭期間だけのお楽しみ。
さすがの大行列で数量限定となると、子連れでは並べず…
でも、パン好きママとしては、ここの焼きたてパンは諦めたくない!
ということで、夫と交代で娘の機嫌をとりつつ、パンの列に並ぶことにしました。

パンは地下のキッチンで焼かれており、
地下への階段には、2階まで続く大行列が。
待ち時間30分~40分くらいで、焼きたてパンを買うことができます。
パンの種類によっては、決まった焼き時間に並んでおかないと売り切れてしまいますので、ご注意を。

我が家が購入したパンはこちら。

イギリスブレッド(400円)。きめ細かい!

レーズンブレッド(400円)。12時の焼き上がりを待って、行列に並びました。

あんバター(150円)。しっかりめのパン生地に、こってりあん&バターがよく合う!

パン・オ・ショコラ(150円)。クロワッサン生地に、奥深い味わいのチョコレートがベストマッチ!

学園祭は終わってしまったけれど、
織田学園では平日に、ときどきパンやケーキの販売実習を行っています。
平日中野に行ける方は、ぜひ販売日時のチェックを!


★なかのまちめぐり博覧会2018 電子ブック
(紙のパンフレットは、中野区内の観光案内所などでも入手できます)
開催期間:10月20日(土)~11月24日(日)


 

中野ファン みなみ

中野ファン みなみさん

中野在住10年! 夫と娘、2匹の猫と暮らすワーキングマザーです。 休日の楽しみは、野方~中野~哲学堂周辺のパン屋さん巡り♪ 大好きな中野の、とっておきのお店たちをご紹介します。

PAGE TOP