食べたら「まいった!」 中野坂上高級食パン店「うん間違いないっ!」

こんにちは。
中野ファン「るいちゃん」です。

中野坂上に12/19(水)に高級食パン専門店「うん間違いないっ!」がグランドオープン!
店名からして、「何これ!?めっちゃ気になる…」と思わず、足が止まります。

 

インパクトのある店構えに
ただただびっくり!


場所は、丸ノ内線・都営大江戸線「中野坂上駅」出口3より、青梅街道を東高円寺方面に徒歩2分。
住宅街とオフィスが混在した、この「中野坂上」を選んだ理由は、幅広い年代が行き交うからだそう。
店名の迫力、開放的な店舗が印象的です。

パン好きじゃなくても
「違い」って分かるの?

そもそも、高級食パンって言われても、よっぽどのパン好きならともかく、
違いまで分かるのかしら、と半信半疑の私。

ところが…。

「こんなにおいしいパンのミミって食べたことある?」って思わず、考えちゃうくらい、
パンのミミが、まず、おいしいんですよ。

実は、デリバリーのピザだと、ピザのミミでさえ残す私。
その私が、「ミミだけ食べたい」って思うくらいだから、
相当おいしいと思ってもらっていいです(例えが悪くて伝わりにくいですが)。
本当にびっくりです!


「Oh! 間違いない」(プレーン)¥800(税別)

うーん、この写真から伝わるかどうか…。

「パンのミミ」がとにかく薄いんですヨ!
「パンのミミ」ほぼ、無いと言っても過言ではないです。

焼き立てのパンのミミは「パリッパリッ」!

そのパンのミミを「ペリッ」ってはがしたら、なんと! 「パンのミミ」が無い!
パンのミミ、薄すぎです。

そして、次の日トーストしたら、同じく、
「パリッ」からの「ペリッ」ができました!

正直、参りました…。

あ! よく見たら、店の看板に小さく「まいった」って書いてあった(笑)


「まいった」の文字、見つけることできました? 奥の右上の方です

 

2斤サイズのみ!
しかも2種類しか売っていない

パン屋さんと言えば、いろいろな種類があるのが、通例。
ですがココのパン屋さんは、プレーンとレーズンの2斤のみの販売。

「えー! 4人家族でも2斤って、ちょっと多いかも」と思いましたが、

プレーンだけでも大満足でしたが、

レーズンも、めっちゃおいしいではないですかっっっ!


手前:「絶対100パーセント」(レーズン)¥980(税別)

レーズンが、みずみずしいんですヨ。

オーストラリア産の「サンマスカットレーズン」だそうです。
深みのある甘さと程よい酸味とフルーティーな味わいがと~っても上品。

そして、何よりも嬉しいのが、どこをかじっても、レーズンに当たると言うくらい、たっぷり入っているところ!

 

インパクトもさることながら、
面白いネーミングにも注目を

「Oh!間違いない(プレーン)」とか「絶対100パーセント(レーズン)」って。

「パンのネーミングの由来は?」と聞いたところ、
「間違いない食材の組み合わせだから」とのこと。

特に、「塩」と「砂糖」にこだわったそうです。


こだわりの食材の「塩」を、見せてもらいました!

この塩、奄美大島の真塩(ましゅ)というもので、奄美大島・打田原(うったばる)集落で、昔ながら製法で作られたもの。

ちなみに砂糖は、奄美諸島のざらめ糖。
奄美諸島の太陽のもとで育ったサトウキビが原料。
精製せず煮詰めて作られているからミネラルが豊富でサトウキビ本来のコクと素材そのままの甘さが特長だそうです!

 

パンがより激ウマになる食べ方は? オススメは「塩」だそう!


左上から、蜂蜜、オリーブオイル、バター、もう1回バター、塩、もう1回バター

パンがほんのり甘いので、オリーブオイルと好相性。
とそこまでは、分かるんですが…

オススメの食べ方は「塩」だそうです!
岩塩みたいな、ツンとくるものではなく、まろやかな塩と好相性とのこと。

本当だ…!

 

「塩」をちょっと食パンに付けて食べると、おいしーーーーーーい!
「オリーブオイル+塩」の合わせ技も、おいしいいいいいい!

ぜひ、お試しください!
手土産にも、話題になるし、喜ばれそうです!

うん間違いないっ!
住所:東京都中野区本町2-50-11
電話番号:03-6300-4156
アクセス:丸ノ内線/大江戸線 中野坂上駅出口3より徒歩2分
定休日:不定休
営業時間:11:00~21:00
※パンが無くなり次第終了
公式HP:https://www.un-machigainai.com/

 

 

中野ファン るいちゃん

中野ファン るいちゃんさん

高校生と大学生の子どもがいて、中野には15年住んでおります。丸ノ内線沿線のため中野の南エリアを中心にお薦めのスポットを紹介していきたいと思います。

PAGE TOP