【実食レポート】喜多方の新米フェアに行ってきました

初実施!「喜多方の新米フェア」

本日(11月28日)から、喜多方市の新米フェアが実施されています。
本イベントは、なかの里・まち連携自治体の一つである、「福島県喜多方市」で生産されたお米が安全・安心で美味しいことをPRするために、今回初めて行われました。

IMG_1551
場所は、中野区役所内2階にある中野満点食堂

IMG_1548 IMG_1535 (1)
定食であれば、どれでもお米は喜多方の新米です。
13時すぎには売り切れていたので、早めの来店がオススメです。

実食!甘さが広がる!

新米は、ふっくらとして口に入れると甘さが広がります。また、少し冷めてもおいしさが変わりませんでした。
お茶碗いっぱいでしたが、完食です。
IMG_1539

【喜多方市の安全・安心への取組み】

福島県喜多方市は会津盆地の肥沃な大地と飯豊山からの清らかで豊富な水の恵みを受け、美味しいお米の産地として古くから有名です。平成23年からは放射性物質検査を継続しており、これまですべての玄米から放射性物質は検出されておりません。
この機会にぜひ、安全・安心で美味しい喜多方の新米をご賞味ください。

11月30日(木)まで開催しています!

■「中野満点食堂」(中野4-8-1 中野区役所本庁舎2階)
平成29年11月29日(水)11時から
※定食限定でのご提供となります。
※売切れ次第終了となります。

■「もみじ茶屋」(中野2-9-7 なかのZERO2階)
平成29年11月29日(水)・30日(木) いずれも11時30分から
※売切れ次第終了となります。

なかの里・まちPRコーナーものぞいてみよう!

中野満点食堂のすぐそばには、「なかの里・まちPRコーナー」があります。
なかの里・まち連携自治体の観光パンフレットやチラシなどが置いてありますので、食後にぜひお立ち寄りください。

IMG_1560

■なかの里・まち連携について知りたい方は<コチラ>をご覧ください。

PAGE TOP