中野の逸品&お土産

こんにちは。 中野ファン「るいちゃん」です。 中野坂上に12/19(水)に高級食パン専門店「うん間違いないっ!」がグランドオープン! 店名からして、「何これ!?めっちゃ気になる…」と思わず、足が止まります。   インパクトのある店構えに ただただびっくり! 場所は、丸ノ内線・都営大江戸線「中野坂上駅」出口3より、青梅街道を東高円寺方面に徒歩2分。 住宅街とオフィスが混在した、この「中野坂上」を選んだ理由は、幅広い年代が行き交うからだそう。 店名の迫力、開放的な店舗が印象的です。 パン好きじゃなくても 「違い」って分かるの? そもそも、高級食パンって言われても、よっぽどのパン好きならともかく、 違いまで分かるのかしら、と半信半疑の私。 ところが…。 「こんなにおいしいパンのミミって食べたことある?」って思わず、考えちゃうくらい、 パンのミミが、まず、おいしいんですよ。 実は、デリバリーの...

 好評発売中の「本醸造 中野」に「無濾過生酒しぼりたて」が数量限定で登場です! 福島県喜多方市の「大和川酒造店」と中野酒販協同組合のコラボレーションにより誕生した「本醸造 中野」ですが、「無濾過生酒しぼりたて」を数量限定で発売されることになりました。 あわせて、中野新橋地域限定販売の「純米吟醸 中野新橋」の「無濾過生酒しぼりたて」も発売されます。 飯豊山の伏流水と良質なお米を使い、中野のために醸された辛口の清酒をお楽しみください。 「本醸造 中野」、「純米吟醸 中野新橋」(中野新橋地域限定販売)、「本醸造 小滝櫻」(東中野地域限定販売)は、中野酒販協同組合加盟店でお買い求めいただけます。 「本醸造 中野」等の取り扱い店舗についてはこちらから、中野区公式ホームページ「里のお酒が買える・なかの里・まちパートナーズ」をご覧いただくか、下記の「中野酒販協同組合」までお尋ねください。 中野酒販協...

昭和10年創業、老舗の味。なつかしい手作りせんべいをもとめて。 中野区江古田(西武池袋線の駅名と違って、中野区の地名では「えごた」と読みます)にある江古田三丁目商栄会は、江古田小学校の北、東京都指定無形民俗文化財の江古田獅子舞で有名な江古田氷川神社前に広がるこじんまりした商店街ですが、その商店街の一軒でありながらそこから少し離れた所に位置する小さなお店が、今回ご紹介する「高一屋商店」です。場所は区立第七中学校の裏側、野方消防署江古田出張所の近くです。 昔ながらの手作りの煎餅を扱うおせんべい屋さん、なかなか見かけなくなりましたが、こちらは健在です。 店内に入ると、ガラスケースとその上の丸い入れ物に入った種類豊富なお煎餅が並んでいます。 オーソドックスな堅焼きせんべいなど1枚55円~あります。   中野の逸品グランプリにもなった味噌せんべい(210円)もありました! でも気さくなお店のおば...

異国情緒漂うお店で味わえる 西アジア料理とは!? みなさんこんにちは! 明治大学国際日本学部佐藤ゼミナール、チーム桃源郷です。 日本語の記事の後に韓国語に翻訳した記事があります。한국어기사는 밑에 있습니다   私たちが今回紹介したいのは、東中野駅から徒歩1分、西アジア料理が楽しめる「パオ キャラバンサライ」です! こちらのお店は人気番組「孤独のグルメ」(テレビ東京系)で紹介されたことがあるお店なんです! 私たちのグループには韓国人の交換留学生が2人いるのですが、「孤独のグルメ」は韓国でも人気のテレビ番組だそうで、番組で見たお店にぜひ行ってみたいとの熱い想いからこのお店を選ばせていただきました! それでは早速行ってみましょう!   まず、お店の外観から異国情緒が漂っています!   中に入ってみると、、、 たくさんの陶器が並んでいて、ここは何屋さんなんだろう?という雰囲気。 なんと、こち...

こんにちは!みなみです。 大型連休も去り、すっかり日常モードですね。 私は、連休中は東北にある実家に帰省しておりました。 帰省でいつも悩むのが、 「おみやげに何を持っていくか」問題。 東京に住んでもう17、8年になりますが、 毎度頭を悩ませています。 「東京みやげ」定番中の定番は、もうネタ切れ。 話題のスイーツは、子連れで行列に並ぶのに躊躇。 でも! 「中野発祥」で、「東京みやげ」ってわかりやすい、 ほどよいお値段と量のスイーツ、ご近所で見つけちゃったのです! それがこちら。トーキョーワッフル。 以前は店舗があって、店頭で焼きたてをいただけたのですが いつのまにかお店がなくなり、中野マルイでの販売に。 そしてさらに中野マルイでの販売も終了し、 ああー、結構好きだったのになー。と、残念に思っていたら、 以前の店舗の近くに、取扱店舗があるではありませんか!! ここ。Fuji Cafeです。...

さまざまなジャンルの食が楽しめる中野には、 長く愛される店がたくさんあります。 そこで、懐かしの洋食をはじめ、満腹感いっぱいの定食、もなかやせんべいが自慢の和菓子店など、 おいしくって、心もお腹も満たしてくれる老舗6店を紹介します。 【東中野】看板料理はとろけるお肉の柔かさが自慢の「ビーフシチュー」 懐かしの洋食が楽しめる同店の看板料理は「ビーフシチュー」。1カ月間かけて仕上げたドミグラスソースで煮込まれた牛肉は箸でスッとほぐれるほどの柔らかさ。他に洋食の定番「オムライス」「グラタン」も絶品です。 <詳しくはこちら>     【野方】定食の数、なんと30種類以上! から揚げと生姜焼きがセットの「A定食」が人気 家庭的な味の楽しめる食事処として親しまれている同店で味わえる定食はなんと30種類以上! 一番人気の「A定食」は人気マンガにも取り上げられ、なんと4万食を突破したメニューです。 <...

毎月1回、10%オフ♪ 30種類以上のおせんべいから好みの味を ロングセラーの「厚焼」でおなじみの「金吾堂」は昭和25年創業。中野区弥生町に本社があります。 創業当時は一枚一枚手焼きだったしょうゆせんべいも、時代が変わってオート化され、いつも同じ味が提供できるようになりました。そして、40年ほど前に当時の秘伝の味を引き継いで生まれたのが「手作りの味 厚焼」(9枚入り240円)。大きくて分厚い「厚焼」はカリッと硬く、それでいて口の中に入るとサクサクとなり、決して硬さは感じません。素朴だけれど噛むごとにお米の甘さと甘辛いしょうゆの香ばしさが口の中へと広がります。しょうゆのほかにも、ごま、減塩しょうゆ(各240円)があります。 おせんべいといえば、やはり「厚焼」 しょうゆのほかごま味も(各240円) 人気は「燻製風味のアーモンドせんべい」(13枚入り190円)です。袋を開けた瞬間、アーモンド...

皆さん、「寒もち」ってご存知ですか? 大寒の時期(1/20~節分まで)につくお餅を「寒もち」というそうです。 この時期は暦上、一年で一番寒い時季とされ、昔から保存食を作ることが多いとのこと。 田中精米店さん(上高田3丁目)では、毎年この時期に寒もちをお店でついて販売されています。 特にご紹介したいのが、なまこ型の味つき餅!豆、のり、ごま、えび、唐辛子、黒砂糖! 毎年、なににするか迷います(笑)。 切って並べられた、色とりどりのお餅たち。美味しそう!!実際にはもっと大きな固まりで販売されます。   なまこ型の味つき餅は900円。最初は少し量が多いなかぁと思ったものの、子どもが何度もおかわりして、あっという間になくなりました。 もし余っても、冷凍して長く楽しめますよね。 えびは桜海老を使用。のり(青海苔)味を焼いて七味醤油につけて焼き海苔に包んで食べたり、黒砂糖はおやつがわりにしたり。色々...

田中精米店_寒餅

『いっただっきまーす!』 と、その前に..カメラでパシャり☆ あっちでも、こっちでも、カメラを片手に真剣な眼差し。 女子は写真が大好きなのです。 素敵な写真を撮っては、加工し、せっせとインスタグラムに更新します。笑 ということで、今回のブログのテーマはズバリ! 『中野で見つけたインスタジェニックなもの!』 写真を撮ることが大好きな、私たち女子大生5人組が、中野で見つけた可愛くて、インスタ映えするものをご紹介します! ①Papabubble(パパブブレ) 最初にご紹介させていただくのは薬師あいロード商店街にある Papabubble(パパブブレ)さん。 お店はファンシーな雰囲気でおしゃれ! カラフルに輝くものは宝石のようにも見えますよね??これらは飴なのです! 驚きですよね。。。( ゚Д゚) スペインバルセロナ発祥の伝統的な飴細工だそうです! カラフルな可愛さとお店のおしゃれな雰囲気はイ...

なかの里・まち連携事業「本醸造 中野」でとりあげられていた「本醸造 中野」を、「本醸造 小瀧桜」として地域限定販売している、地元[東中野]の東中野本通り共栄会・三弥酒店(さんやさけてん)さんを紹介します。 こちらが「本醸造 小瀧桜」 福島県の蔵元「大和川酒造店」と中野酒販売協同組合とのタイアップでつくられたオリジナルブランドだそうです。 値段 1,000円(720ml入り税込) 冷でいただきました。 すっきりとしたさわやかさがあって、とても飲みやすい日本酒でした。 この名前とラベルは店主である押田辰弥さんご本人が地元の小瀧地区と地区沿いに流れる神田川の桜をイメージしてオリジナルで作られたそうです。 なかなか地元愛と郷愁心をくすぐる良い響きとデザインです。 自分は無類のビール好きなため、こちらの酒屋さんで瓶ビールを定期的に配達してもらっていて、とても重宝する地元の酒屋さんです。 三弥酒店...

PAGE TOP