帝京平成大学の学生がベトナムで中野区をPRしました①

平成30年1月27日、28日にベトナムで開催された「ジャパンベトナムフェスティバル」にて、帝京平成大学の学生が中野区をPRしました。当日の様子について、学生がレポート記事を作成しましたので、ご紹介します。
1つ目は、中野ブロードウェイを中心に中野を紹介してくれたグループの記事です。

■グループ(中野ブロードウェイをPR)のJVFレポート記事

今年の1月27、28日にベトナムのホー・チ・ミン市の9月23日公園で「ジャパンベトナムフェスティバル」が開催されました。今年は5回目の開催であり、「手と手をとって」を合言葉に、日越国の「相互協力」「共栄・共存」「未来創造」がコンセプトでした。たくさんの日本の企業や学校が各自でブースを出展し、来場したベトナム人に日本の良さを伝えました。


帝京平成大学は観光PRとして出展し、学校の所在地である中野区と、アニメキャラクターが人気の調布市をPRしました。4つのグループに分かれ、私たちは中野区のサブカルチャーに興味があったことから、中野ブロードウェイの面白さを伝えることをテーマとしました。

その中で、デイリーチコの8段アイス、原宿アイリーの面白文字Tシャツ、まんだらけのアニメの3つを取り上げ、ベトナム人はどのお店に興味を持ったかを模型や実物、コスプレを使ったり、ブロードウェイ事務局長さんから頂いたパンフレットを配って調査しました。結果は3つとも僅差でした。

日本語とベトナム語の言葉の壁がありましたが、ベトナム人はみんな優しく温かい人ばかりで、とても楽しい貴重な経験ができました。
(グループリーダーMK)

PAGE TOP