沼袋の幻想的な行事、百観音明治寺「献灯会」

百観音明治寺の恒例行事「献灯会」へ行ってみよう

毎年7月の献灯会では、約180体の石仏の観音様にお灯明を供えます(お灯明ひとつ500円)。
日が暮れてくると、何百もの灯りがともり、まるで天の川の中にいるかのようです。
インドネシアジャワ島の舞踊と生演奏、影絵芝居「ワヤンクリ」、野外映画会も行われます。
さだまさしさんの歌「献灯会」のもとになった行事でもあります。

献灯会

百観音献灯会

日時:  2018年7月29日(日) ※毎年7月最後の日曜日
18:00-21:00 (雨天決行)
場所:  百観音明治寺(沼袋2-28-20 西武新宿線沼袋駅より徒歩5分)
内容:  献灯会法要
ガムラン演奏と舞踊
ガムラン演奏とワヤンクリ
懐かしい野外映画会
夜店

主催: 百観音明治寺
協賛・協力: 沼袋親交会・沼袋町会・禅定院通り商栄会・沼袋親和会・沼袋一一会・野方消防第七分団・ランバンサリ・お寺の映画会・他、大勢の皆さま

中野ファン meong

中野ファン meongさん

中野区北部エリア在住。知らない街に行くときは、おいしいパン屋さんを必ずチェック!ベジタリアンフードとヨガも大好き。

PAGE TOP