ナントからナカノへ-文化芸術が創るまちの未来ー【10/10】

10月10日、中野サンプラザにおいて、2020障害者国際芸術祭プレ企画・国際研究フォーラム「ナントからナカノへ-文化芸術が創るまちの未来ー」が開催されます。

フランス元首相で元ナント市名誉長のジャン=マルク・エローさんを迎え、大規模な都市再生により世界的な文化芸術創造都市となったフランス・ナントと、商店街を中心に約10年間にわたり障害のある方の創作活動支援や人々の日常に芸術を取り入れる活動を実施している東京・中野を事例として、文化と芸術によるまちづくりのあり方を考察します。
山梨県立美術館館長でアール・ブリュットネットワーク会長も務める青柳正規 前文化庁長官との対談では、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、世界へ発信する日本のアール・ブリュットの可能性を探ります。

※アール・ブリュット(Art Brut)とは「生(き)の芸術」という意味のフランス語で、正規の美術教育や文化潮流とは違い、作者独自の方法・発想で制作された芸術の総称。障がいを抱えるアーティストの芸術も含まれる。

ナントからナカノへ-文化芸術が創るまちの未来ー

■日時:2018年 10月 10日(水) 14:00開演(13:30開場)
■会場:中野サンプラザ14階「クレセントルーム」
(〒164-0001 東京都中野区 中野4丁目1−1)
■入場料:無料
■予約方法
電話、Fax、Eメールにて『「ナントからナカノへ」に参加希望』と明記の上、下記の事項をご連絡ください。
①氏名 ②ご職業またはご所属 ③連絡先(電話番号、Fax番号、メールアドレス)
※当日も空きがあれば入場可能(先着200名)

▼チラシ(クリックすると拡大します)
 

ご予約先・お問合せ先

社会福祉法人愛成会 法人企画事業部
〒164-0001 東京都中野区中野5-26-18
Tel :03-5942-7259
Fax :03-3387-0820
Email:kikaku@aisei.or.jp

PAGE TOP