【展示中】明治大学学生企画!中野区の外国人観光客向けPRポスター

明治大学佐藤ゼミの学生が授業の一環で制作した、
「中野区の魅力を外国人観光客にPRするポスター」が東京シティアイにて展示されています。

「中野区の外国人観光客向けPRポスター展示」
期間:展示中~3月末(予定)
場所:東京シティアイ(千代田区丸の内二丁目7番2号KITTE地下1階)

今年で4回目を向かえるこの企画は、「明治大学国際日本学部×東京シティアイ×中野区」コラボレーション企画として、毎年、“中野に外国人観光客を呼び込むには”をテーマに、どのようなアピール方法が効果的かを様々なPR媒体を通して企画・制作するというもの。今回はポスターの制作が課題でした。

秋学期のプレゼン大会で優勝したチームのポスターが展示されるということで、力作ばかり。プレゼン大会では、4チームが順に、中野の観光地としての知名度調査結果、ターゲットへのアプローチ方法、ポスターのこだわりポイントなどをプレゼンテーションし、それぞれの作品を発表しました。

優勝したのはチーム「Loco☆Jumbo」。コンセプトは「サブカルチャーの聖地“中野”に呼び込む」、「居酒屋やラーメン屋など他の魅力も知ってもらう」ということで、アメリカンコミックをイメージしたコマ割りと吹き出しで全体をデザインし、「中野ブロードウェイ」だけでなく「居酒屋」や「ラーメン屋」を巡っている様子を紹介。多くの審査員の目を惹きつけました。

審査員の一人として参加した中野区の酒井直人区長は、講評で「どのポスターもそれぞれ魅力があった。調査結果でも中野の現状を知ることができて大変参考になった。中野のPRポイントを考えるうえで実際にお店へ足を運んでくれたことが嬉しい。」と述べ、学生のみなさんをねぎらっていました。

また、今回は事前に東京シティアイ内でポスターを展示し、訪れた方からの一般投票などを行っていました。その投票結果でもチーム「Loco☆Jumbo」が優勝し、見事ダブル受賞となりました。

優勝チームの作品を見に、みなさんもぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

PAGE TOP