【新中野】自分で選んだコーヒー豆を、好みに合わせた焙煎に(珈琲や)

一番美味しい!
焼きたて(焙煎したて)の豆が手に入る

「珈琲や」は、全45種類のこだわりのコーヒー豆の中から、好みの焙煎加減で、1人1人の “美味しいマイベスト” を見つけてくれる珈琲店です。店内でコーヒーを味わうこともできますが、このお店の1番の特徴は、豆の販売。生のコーヒー豆を目の前で自分のためだけに焙煎してくれます。

「日本人なら誰もが知っている、お米は炊きたてが一番美味しい。その考えは、コーヒー豆にも通じることなんです」とはオーナー。「コーヒーは嗜好品として広く楽しまれるようになり、今はスーパーや大手コーヒーショプで気軽に豆を買えるようになりました。好きな豆の種類にこだわる人も増えてきていますが、そのこだわりの豆がいつ焙煎されたのかまでは見極められないですよね。だからうちでは、目の前で、好みを聞いて、その人のためだけに焙煎した豆をお渡ししているんです。」

コーヒー豆には油分が含まれるため一度焙煎をしてしまうと表面ににじみ出てきた油分が酸化していき、豆の種類によっては焙煎後1カ月で香りが飛んでしまうとのこと。だからこそ、焙煎したての豆を使って淹れたものは、香りも風味も強く、コーヒーの美味しさをより感じられる1杯に。

coffeeya_生豆

生のコーヒー豆は黄緑色。焙煎前のこの状態は半永久的に味を維持できるそう

coffeeya_焙煎機

焙煎機を使ってお客様1人1人のために その場で豆を焼いてくれる

 

coffeeya_クールダウン

焙煎後は豆をクールダウン。その時間も計算して1つ1つ丁寧に作業されていく

 

coffeeya_豆の違い

1番左が生豆。 焙煎加減によって豆に含まれる油分が滲み出てツヤが出てくる

 

注目の 掘り出しモノ アイテム2選

「珈琲やオリジナル ブレンド」
初めて同店を訪れる人や、まだお気に入りの豆がないという人で、ブラックコーヒー派の人はまずはこの豆から試してみるのがおすすめ。オリジナルブレンドは、4種類の豆を独自の配合比で合わせた軽い飲み口が特徴で、ブラックが美味しく飲めるようにつくられています。初回から好きな焙煎加減で焼いてくれますが、基本を押さえておきたいという人は、このブレンドなら、色が明るい茶色になるぐらいの煎り方であるミディアムローストで注文するのがおすすめ。軽い苦味と適度な酸味で口当たりが柔らかいのが特徴で、いわゆる“アメリカンコーヒー”と言われる軽いコーヒーに向いています。

「ヨーロピアン スペシャルブレンド」
ブラック以外の飲み方をしたい人には、ミルクや砂糖をいれても香りと味がぼやけないようにつくられた、「ヨーロピアン スペシャルブレンド」を。こちらの豆の焙煎は、ミディアムローストよりやや深い炒り具合のハイローストがおすすめです。一般的に家庭でよく飲まれる市販のレギュラーコーヒーは、このハイローストで酸味にほどよい苦味が加わったバランスがいいコーヒーになります。

 

coffeeya_おすすめ

「珈琲やオリジナル ブレンド」約200g/990円(税抜)、「ヨーロピアン スペシャルブレンド 」約200g/ 1180円(税抜)

販売の基本となる200g は、毎日朝1杯のコーヒーを淹れた場合、10日~2週間で使い終わるくらいの量。まずはこのどちらかを試してみて、「もっと苦いのがいいな」など好みが出てきたら、2回目はお店のスタッフに相談してみましょう。好みを元に、豆のセレクトや焙煎加減のアドバイスをしてくれます。

焙煎士と相談しながら豆や焙煎加減を選ぶことで
嗜好が明確になっていく面白さ

コーヒー豆はその種類ごとに、特徴を最も活かしてあげられる焙煎ポイントがあります。珈琲やのスタッフは全員が研修を積んだ焙煎士。それぞれの珈琲豆がもつ水分量、粒の大きさや形などをもとに、その日の気温や湿度を考慮して、よりその豆の良さが伝わる焙煎をしてくれるのです。どんな注文をしたらいいかわからない人や、初めての方には、豆ごとに違うおすすめの焙煎加減を教えてくれ、2回目以降は初回の感想をもとにして、焙煎をより浅くするか深くするか、それとも豆自体を変えてみるのかなど、好みを探してくれます。
※注意:焙煎は1人1人のためにオーダーを受けてから行われるので、15~20分ほどかかります

coffeeya_豆

世界各国の豆(全45種類)から好みを探していくのも楽しそう

coffeeya_ガイド

豆を購入した人は美味しいハンドドリップの淹れ方ガイドがもらえます

 

業界紙でも特集され、企業の社内カフェも手がける
コーヒーのプロフェッショナル集団

「珈琲や」は、新中野が本店ですが、他にも都内に4店舗、台湾に1店舗を構える人気店。その人気ぶりは業界誌「CAFERES」に巻頭特集で取り上げられていることからも伺えます。好みの焙煎加減を選べて、しかも焼きたてを提供するという発想のユニークさ、そして何よリもコーヒーの美味しさから、企業のオフィスカフェや、東京学芸大学内の図書館カフェ運営もサポートしているいわばコーヒーのプロフェッショナル集団。そんなプロフェッショナルたちが、あなたの嗜好を聞いて、よりベストなものを一緒に探してくれるこのお店なら、今まで出会えていなかったマイベストコーヒーが見つかるかもしれません。

 

coffeeya_雑誌

業界誌「CAFERES」2018年1月号に巻頭で特集されるほどの人気ぶり

coffeeya_encafe

新中野に本社を構える「構造計画研究所 」内の「encafe」は所員さんのために運営

店舗には、豆の販売だけではなく飲食サービスもあるので、まずは1杯飲みに行ってみて、気に入ったら豆を買ってみるのもおすすめです。
※注意:焙煎には15~20分かかるため、店内で飲めるコーヒーは焙煎したてではありませんが当日焼かれたものなので十分香りを楽しめます

coffeeya_外観珈琲や 新中野本店

◾住所:東京都中野区本町4-31-10-104
◾アクセス:東京メトロ 丸ノ内線「新中野駅」3・4出口から徒歩約3分
◾TEL:03-6318-9415
◾営業時間:平日10:00 〜 19:00、土日祝 9:00 〜 19:00
◾定休日:水曜 (2018年6月現在)
◾URL:http://coffeeya.co.jp/

PAGE TOP