【中野】奇妙でかわいくドリーミーな洋服(pays des fées)

“すべての芸術表現は服に通じる”がモットー
ひとつとして同じテイストのものはなし

「pays des fées」は、デザイナー朝藤りむの自由な発想を素直に表現した、個性的なファッションブランド。中野ブロードウェイ4階に店舗を構えながら、定期的にラフォーレ原宿や銀座三越などにてPOP UP SHOPも展開しています。
小学校1年生でぬいぐるみの洋服を作り、5年生で型紙をひき、中学校にあがる頃には立体裁断で身近な人のための服を作っていたというデザイナー朝藤りむ。2018年秋冬コレクション「STRANGE LETTERS」は、最新作「犬ヶ島」が今年5月に公開され、来日が話題になった映画監督ウェス・アンダーソンの作風からインスピレーションを受けて作ったもの。映画や音楽などから受けたインスピレーションを、自分のフィルターを通してコレクションに反映している彼女は、「どんな芸術も突き詰めていけば、そのすべてが洋服づくりに繋がり、どれだけ作っても、いつも作りたい服のイメージが溢れてくる」と語ります。その言葉通り、これまでのコレクションには、ひとつとして同じテイストのものがありません。

 

コレクションごとにテーマをガラリと変化
ストレンジなエッセンスを効かせたファッションブランド

毎年2回発表される、春夏、秋冬のコレクションは、その時々のテーマによってガラリと印象が変わりますがちょっとした奇妙さとかわいさはいつも健在で、そのバランスも絶妙。2018年の春夏コレクションは「深海のヴンダーカンマー」。過去には「増殖する肉体」「ハライソ」など、個性的なテーマも発表しています。この6月には、待望の2018年秋冬コレクションとして「STRANGE LETTERS」を発表。自由な発想と、独特の世界観が溢れたファッションアイテムから目が離せない、注目ブランドです。

 

paysdesfees_店内

2018年の春夏コレクションと秋冬コレクションが飾られた店内のトルソー

paysdesfees_店内

店内の個性的なオブジェも、ブランドの奇妙でドリーミーな世界観を表現しています

 

paysdesfees_店内

世界中から収集したヴィンテージのボタンで作られたイヤリングとピアス 1600円(税抜)

 

paysdesfees_店内

6月に発表された2018年秋冬コレクションのテーマは「STRANGE LETTERS」

 

ぜひ注目してほしい 掘り出し物 アイテム3選

2018年秋冬コレクション「STRANGE LETTERS」のコンセプトは、「手紙にまつわる奇妙な物語」。
デザイナーがプラハ・ベルリン・クラクフなどで見つけては収集してきた古い切手から作ったテキスタイルや、オリジナル図案のシーリングワックスをかたどったボタンなど、細かいディティールにかわいさが詰まっています。このコレクションでは古めかしい素材にこだわっていて、綿100%のグログランへのオリジナルテキスタイルプリントや、綿サテン、綿コーデュロイ、裏地にはキュプラを使用するなど、生地の質感でもその世界観が表現されています。

「切手ワンピース」
デザイナーが自分で集めた東欧のビンテージ切手を加工・コラージュしてテキスタイルを作成。よりレトロさを出すために60年代の古着のワンピースをわざわざ解体して型紙を作成したという、シルエットまでこだわり抜かれたワンピース。

paysdesfees_おすすめ1

「切手ワンピース」2万5000円(税抜)。サイズ 7・9・11号

 

「切手中綿ブルゾン(からし)」
ボリュームのある袖が特徴的なデザインのブルゾン。パンツでもスカートでも合わせやすい絶妙な丈感で、色は黒とからしの2色。

paysdesfees_おすすめ2

「切手中綿ブルゾン(からし)」3万1000円(税抜) 。サイズ 7・9号

 

「封筒ポケットコート」
洋封筒型のポケットには、蛾(ガ)とpays des féesロゴのシーリングワックス型ボタンが。背中には毒草に咲く花の刺繍が施され、パフスリーブと幅広カフスがレトロなシルエットをつくっています。

paysdesfees_おすすめ2

「封筒ポケットコート」4万8000円(税抜) フリーサイズ

 

毎年2回の新作コレクション発表では
店頭入荷前に受注会も

2018年秋冬コレクション「STRANGE LETTERS」は、7月1日(月)まで店頭入荷前に予約受注会が実施されています。この受注会では、6月30日(土)までは 12:00 〜 16:00 の時間帯で、デザイナー朝藤りむが、直接店頭で丈詰めやコーディネート相談に答えてくれるとのこと。店頭入荷のないものや、生産量がごく少数のものもあるとのことなので、写真だけではわからない生地感やそこから生まれている世界観などを、お店で実際にチェックしてください。

paysdesfees_店内

店頭では9月の一般入荷前に秋冬コレクションのサンプルが確認できます

 

paysdesfees_店内

アトリエ一体型の店内では、デザイナーがミシンで作業している様子を見ることも

 

コレクション受注会について
日程:7月1日(月) まで。※時間は12:00~19:00、水曜定休
場所:中野ブロードウェイ4階 店舗にて
予約方法:店頭にて商品代金の30%~100%の内金の支払いが必要
予約特典:オリジナル レターセットがノベルティとしてもらえます
受取方法:9月下旬頃より順次、店頭にて受け渡し。代金引換発送も選択可能

paysdesfees_外観pays des fées

◾住所:東京都中野区中野5-52-15 中野ブロードウェイ4階 464-1
◾アクセス:JR「中野駅」北口から徒歩約6分
◾TEL:03-5318-9439
◾営業時間:12:00 〜 19:00
◾定休日:水曜
◾URL: http://pays-des-fees.com/

PAGE TOP