【中野】上からも横からも! 大迫力の鉄道ビュースポット「囲桃園跨線橋」

幅広い層に人気!
中野の“知られざる”名所

中野駅から高円寺側へと線路沿いを5分ほど進むと見えてくる「囲桃園跨線橋(かこいももぞのこせんきょう)」。跨線橋(こせんきょう)とは鉄道線路をまたぐ橋のことで、2014年発売のNMB48の楽曲「高嶺の林檎」のミュージックビデオや、ドラマ「相棒」Season7 第12話の撮影場所としても使われ、鉄道ファン以外にもロケ地として親しまれています。

kosenkyo_跨線橋

駅から数えて1つ目の大きな陸橋が「囲桃園跨線橋」

 

見られる電車の種類は中野区随一
鉄道マニアじゃなくとも楽しめる場所

「中央線」「総武線」「東西線」を横断しているため、各路線の車両はもちろん「特急かいじ」「スーパーあずさ」などの特急も見られます。行き交う電車を上から眺めていると、各路線車両ごとのスピードや車両数の違いなど普段は意識したことがないことにまで気がつき、「次の電車はなにかな」とワクワクしてきます。
跨線橋の横に設置されたフェンスは線路との距離が近いので、横からの眺めも迫力満点。

kosenkyo_跨線橋

全部で6つの線路を横断し、距離が長いのも特徴

kosenkyo_跨線橋

中野駅にむかって1番左の線路は中央線快速が走る

kosenkyo_跨線橋

伝統の継承、未来への躍動を外観コンセプトにすえた「スーバーあずさ」

kosenkyo_跨線橋

2つの異なる鉄道路線が、平面状で交じりあう平面交差を走る様子も見られます

kosenkyo_跨線橋

猛スピードで電車が行き交う様子も迫力満点

kosenkyo_跨線橋

もちろん横からの眺めもバッチリ観察できる

 

お月様やウサギなど
いたる所にかわいいイラストが

階段部分や橋の上には、いたるところにイラストが。こどもが疲れて歩くのを嫌がった時には「すぐそこにウサギが見えるよ。見に行こう!」などと声をかけて歩く距離を少しずつ延ばす作戦にもつかえます。

kosenkyo_ペイント

階段部分にはストライプの模様が

kosenkyo_ペイント

いくつかのスライプ模様の中にはウサギが隠れています

kosenkyo_ペイント

橋の上にはお月様

 

草むからのぞいているウサギ親子のイラストや、ツバメのシルエット、家、月、イチョウなど、さまざまなイラストが点在しているので、どこにあるのか探しながら歩くのも楽しみ方のひとつです。

 

kosenkyo_跨線橋囲桃園跨線橋

◾住所:東京都中野区中央3-49-19
◾アクセス:JR中央線「中野駅」から徒歩約5分

PAGE TOP