【中野人インタビュー】小説家・鳩村衣杏さん

中野区在住の小説家・鳩村衣杏さんの新刊「だいきょう商店街の招き猫 人生の大吉拾いました」(富士見L文庫)は、架空の商店街が舞台。適当に出した「商店街」企画が巻頭特集に決まってしまった雑誌編集者の大と、だいきょう商店街に暮らす人々が少しずつ打ち解けていくという、心がほっこりするストーリーです。

2月15日に新刊を出された鳩村さんは生まれも育ちも中野区。そこで中野の魅力を伺いました。

中野は適度にゴチャゴチャしているのがいい感じ!

P2082746

「中野区には西武線、中央線、都営大江戸線、丸ノ内線があるのですごく便利ですよね。3年程前に中野区内の違う場所に引っ越しましたが、今では道を尋ねられれば何となく答えられるようになったので地元と呼べるようになったのかなと思っています。

中野と言えばオタクの聖地のひとつ、中野ブロードウエイが一番有名ですが、最近では、再開発されて大学ができたり、キリンホールディングスさんが移ってきたりして、広がりが出てきた感じがします。マニアだけではなく、セントラルパークには学生さんもいれば親子連れ、留学生や観光客もいて、いい感じのゴチャゴチャ感がパワーアップしてきたなと思っています

じつは着ぐるみが怖い!?

作中では招き猫の着ぐるみのマスコット「マネッキー」が登場。中に入っている人は謎ですが、人生相談で編集者の大に筆談で的確なアドバイスを与えていきます。彼が発するさまざまな短い言葉が、大の運気を上げていくトリガーになります。

「じつは私、着ぐるみが苦手で怖いんです。招き猫はかわいいけれど、あの大きい目が苦手! 浅草の今戸神社に取材がてら行ってみたら、巨大な招き猫が本堂の奥にいて、びっくりしました。ただ、着ぐるみはみんなに人気があるので逆に不気味でもいいやと、しゃべらせずに筆談にしたんです。誘導された主人公が、答えを見つけるのが良い感じなのかなと。中に誰が入っているのかは、まだヒ・ミ・ツです」

立ち飲みバーに通ううちにストーリーができていった!

「ずっと商店街の話を書きたいなと思っていたのですが、焦点がなかなか定まらなくて。そんな中、去年の5月頃に『BY THE WAY』という立ち飲みバーに初めて行ったんです。バーなのにサッシのガラス戸が入っていて、殺風景で、変な店だな…と前からずっと気になっていました。でも、ひとりで入るにはちょっと勇気が…。ただ、ある日、思いきって開店直後に行ってみたら…マスターがモヒカンなんですよ! 客は私ひとりなのでいろんな話をしたんですが、なんと商店街の組合に入っていると言うんです。

そのうち、次々とお客さんが入ってきて、初めての私にもみんなよくしてくれて、気づいたら閉店時間までいたんです! さすがに自分でも『立ち飲みバーって8時間もいるような場所じゃないよ!』と感心しちゃいましたね」

地元商店街でコミュニティー作り!

人間関係が希薄になっている今、商店街のコミュニティー機能が見直され始めています。ただ、後継者不足などの理由から店を閉めてしまったり、マンションに替わってしまったりするとなかなか元通りにはならないのが現実。日常的に地域の人たちが行き交う場所を作るには時間がかかりますが、少しずつ広がることで全体が変わっていくのです。そんな身近な問題も投げかけています。

 「あとがきでも書いていますが、『BY THE WAY』のマスターが『地元のコミュニティーを作りたい』と言ったことが、作品作りに大きなヒントを与えてくれました。だから『だいきょう商店街』にも、『BY THE WAY』がある鍋横商店街のような昭和の香りを残しました。読んでくれた方が『我が町の商店街』を思い出したり、うちの商店街の方がすごいよ!と思ってもらえたら、楽しくて良いですね。また、商店街にこういう人がいてくれたらいいな…という思いも込めて書いています。もちろん、全てを盛り込めなかったので続きで書きたいです!」

 

お気に入りスポットはもちろん「BY THE WAY」!

IMG_9850

夜、軽く飲んで帰るという人が多いのですが、立ち飲みにもかかわらず、メニューは凝っています。早い時間にはプリンやチーズケーキといったスイーツも置いてありますが、すぐなくなってしまうほど人気があります。カレーなどのご飯類もおいしい! ちょっと一杯飲んで、食事もできて1000円ほどで済むのも魅力ですよね。

BY THE WAY
住所 中野区本町4-30-11 1F
アクセス 東京メトロ丸ノ内線「新中野」駅より徒歩3分
電話 03-5340-7022
営業時間 18:00~翌2:00。無休
http://bytheway.co.jp

321710000484

「だいきょう商店街の招き猫 人生の大吉拾いました」 出版社: KADOKAWA

 

 

今回の★なかの人 P2082768
鳩村 衣杏(はとむら いあん)さん

3月19日生まれ。中野区出身在住。小説家。キャリア15年、著作は約80冊。出版社勤務、編集者、ライターを経て、BLジャンルで作家デビュー。

PAGE TOP