アニメの総合博物館「東京工芸大学 杉並アニメーションミュージアム」

荻窪駅北口からバスと徒歩で約10分。日本で初めてのアニメの総合博物館である東京工芸大学 杉並アニメーションミュージアムでは、日本のアニメの歴史や原理、制作過程について体験をしながら楽しく学ぶ事が出来ます。

ミュージアム名物のサイン柱

3階に受付があり、そのすぐそばにあるのがミュージアム名物のサイン柱。来館したアニメーター・声優、漫画家などの直筆サインがびっしりと書かれています。

「日本のアニメの歴史」コーナー

「日本のアニメの歴史」コーナーでは、日本のアニメが始まってから現在までを、年表や画像、映像でわかりやすく紹介しています。

「アニメができるまで」コーナー

「アニメができるまで」コーナーでは、監督、作画監督、美術監督の机を再現。またセルアニメーションができるまでの過程を、映像を使って分かりやすく解説しています。

体験型の展示やアフレコブース

   

体験型の展示も充実。アニメーションの原理を体感できる展示や、声優体験ができるアフレコブースもあります。

アニメライブラリー

「アニメライブラリー」では、アニメのDVDや書籍の他、アニメ現場に携わるクリエイターのインタビュー映像も閲覧できます。漫画も昔の作品から最新の作品まで豊富に揃っています。

アニメシアター

「アニメシアター」では、歴史的な作品から人気作品まで、幅広いアニメが上映されています。企画展に連動したアニメの上映をすることもあります。

≪企画展も見どころ満載!≫

人気アニメなどをテーマとした企画展も必見。2018年11月18日(日)までは、「杉並で楽しむアイカツ!シリーズ5周年 スギカツフレンズ!」を開催中。
詳細はミュージアムホームページをご覧ください。

東京工芸大学 杉並アニメーションミュージアム

■住所:東京都杉並区上荻3-29-5 杉並会館3階
■アクセス:JR荻窪駅からバスと徒歩で約10分
■TEL:03-3396-1510
■開館時間:10:00~18:00(入館は17:30まで)
■休館日:毎週月曜日および年末年始(12月28日~1月4日)
※祝祭日にあたる場合はその翌日が休館日となります。
※その他、臨時休館する場合があります。
■入館料:無料
http://sam.or.jp/

PAGE TOP