公園に行こう!

先日、新井薬師公園に遊びに行ったところ、子どもたちが広場で一輪車を一生懸命練習している光景に出合いました。 私が小学生だった20数年前にも流行っていた一輪車。今はこんなに一輪車を所有している子がいるんだなあと感慨深く 広場の方に進んでいくと、遊具の入った倉庫を見つけました。 公園の敷地内にある新井薬師児童館の開館日の午前10時~午後4時30分まで、倉庫内の遊具を誰でも借りられる ようです。一輪車だけでなく、三輪車なども収納されています。 こちらの広場で思い切り練習すれば、いつの日か一輪車名人になれそうです♪   広場の反対側にあるじゃぶじゃぶ池。 鉄棒、砂場、ブランコもあります。 一番人気の大きなすべり台。下が柔らかい砂地なので、安心して滑れます。 常に10人くらいの子供たちが遊んでいた中で一瞬だけ訪れた静寂。 本物の木を登っている感覚が味わえる吊り橋も楽しそうです。 こちらの公園部分...

寒い日の多かった3月ももうすぐ終わりですね。中野区の桜の花が満開になる日を 待ち焦がれているくらげねこです。 今日は、西武新宿線鷺ノ宮駅から徒歩約2分という好立地にある、隠れた(?)お花見スポットの みよし公園をご紹介します。 すべり台に向かって大きく伸びている幹のある桜の木が圧巻です。 周辺に飲食店が多く、西武新宿線鷺ノ宮駅にも近いためか、夜桜を楽しむ人の姿をよく 見かけます。 みよし公園の面積は200.06㎡と小さめではありますが、遊具も充実していますよ♪ ブランコは4台。 大きなタイヤが3つ。 すべり台。満開の桜を背にすべると気持ちよさそうですね。 砂場もあります。 砂場のそばには、さる・いぬ・ぶたの可愛いベンチが♪ 撮影した日(2017年3月25日)は1分咲き、といったところでした。 桜の季節は大人も子供も大満足間違いなし!みよし公園のご紹介でした。 みよし公園 ◆住所 中野区...

最近は、大人のための健康器具が設置されている公園をよく見かける ようになりましたね。子どもの遊びを見守りながら、大人もほどよく体を動かせる 健康器具が充実している「西大和公園」をご紹介します。 子ども向けの遊具としてはこちらのすべり台がとても人気です。 滑り終わると砂場に着地するようになっています。 ブランコと鉄棒もあります。   ここからは大人向け健康器具のご紹介です。まずはこちら。「ろく木」という名前です。 上方のバーを両手で握ってぶら下がる器具ですが、怖くて挑戦できませんでした…。 こちらは「ゆったりステップ」。階段を乗り降りする器具ですね。 続いて「そろそろ平均台」。手すりつきで安心です。 腕立てと足上げ運動ができる「腕立てボード」は筋力アップが 期待できそうです。 このベンチの名前は「背のばしベンチ」。ツボを押せる突起がついていて、 血行の促進が期待できます。 トイレもあるの...

中野区で唯一「鳩」の名前がついた橋、美鳩橋のすぐそばに、 「みはと公園」という公園があります。 一番大きな遊具はこちらの複合遊具。ブランコとすべり台、ネットでできたアスレチックで 構成されています。 そして子供たちに人気なのが、こちらの大きな鳩のすべり台! 見た目はキュートですが、実はけっこう急こう配です。 公園の植栽部分には、ところどころに鳩のオブジェがあります。 鳩の背中に乗ったり、餌をあげるふりをしたりと、子どもたちがいろんな遊びをしています。 公園内には大きな桜の木があります。満開になると迫力があり、とても美しいですよ。 トイレもあります。 公園のすぐそばにはスーパーマルエツがあるので、お買いものの前に、ちょっと子どもを 遊ばせるのにおすすめですよ。 みはと公園◆住所 中野区大和町4-51 ◆アクセス 関東バス(中野駅-阿佐ヶ谷駅北口)お伊勢の森バス停より徒歩12分

哲学堂公園とその周辺を紹介するパンフレットが多言語で発行されました。 区役所をはじめとした公共施設などで無料配布中です! 哲学堂公園は、「哲学」をテーマにした全国的にも珍しい、ユニークな公園です。 園内にある不思議な建築物とそのめぐり方、創設の背景や創設者である井上円了の生涯といった哲学堂公園の紹介はもちろん、周辺のグルメ・サブカルチャーの紹介も充実。中野駅から哲学堂公園へのルートマップも掲載されています。 このパンフレットを片手に、哲学堂公園めぐりはいかがですか? 配布場所:中野区役所、図書館、区民活動センターなど 言語:日本語、英語、中国語(簡体字・繁体字)、ハングル     「哲学堂公園」観光パンフレット 電子ブックを読む

季節も一段と進み、紅葉も美しく色づいてきました。 そんな秋の深まるこの時期、東京都の指定名勝でもある哲学堂について、じっくりと学んでみませんか♪ 中野の名所の一つとして知られている「哲学堂」について知ることができるイベントが開催されます。 哲学堂公園は、明治37年に哲学者で東洋大学の創設者、井上円了博士によって創設されました。井上円了博士とはどのような人物だったのか、どのような思いや考えでこの公園をつくったのか、について知ることができる良い機会となります。             「一から学ぶ哲学堂」 ◆今年のテーマ「井上円了の人となり」(全2回)  哲学堂の創始者である井上円了の人物像とは?初めて哲学堂、井上円了に触れる方へ、わかりやすく説明してくださいます。 ◆日時・場所:12月1日(木) 中野区立歴史民俗資料館(講義)            12月8日(木) 哲学堂公園(散策) ...

哲学堂に行ったことがありますか?   中野駅からバスで数分なのに、都会の喧騒を忘れさせてくれます。 歩くのが好きな人なら、街をながめつつ30分ほど歩いてみましょう。(春は桜並木で、別世界です) 東洋大学の創設者井上円了が、ソクラテス、カント、孔子、釈迦を祀った「四聖堂」が、この公園の礎だそうです。 緑が多くて、空が青くて、水が流れてて、とても静かできれいな場所、心落ち着くスポットです。 園内の東屋で、小学生が鬼ごっこをしていました。 ゲーム端末で通信しながらではなく、全力疾走!なんだかパワーを分けてもらったような気がします。 今度の休日は、なにもしない贅沢な時間を、哲学堂で過ごしてみませんか?

目的を決めずにサイクリングをしていると、行ったことのない公園に出くわすことが よくあります。中野区上鷺宮五丁目にある武蔵台公園も、たまたま見つけた公園でした。 サイクリング中に公園の看板を発見すると心が躍ります♪ 公園の面積はかなり広いです(1,061.05平方メートル)。 鉄棒と砂場、ブランコがあります。 そして、子どもたちがひっきりなしに遊んでいたのがこちらの複合遊具です。 かなり急なすべり台とコイル状のジャングルジムの組み合わせは、子どもの心を がっちりとつかんでいるようです。 ジャングルジムの中に入ってみると思った以上に高さがあり、スリル満点です。 雲梯として渡り切ろうとすると、かなり腕力を使います。知らぬ間に筋トレになりそうな遊具です。 吊り橋のように上側を歩くのも、地面が遠くに見えて怖いです。 上鷺宮には魅力的な公園が多いですよ♪これからも紹介していきたいと思います。 武蔵...

平和の森公園の南、野方学院幼稚部のすぐ前にある柏公園。地球儀型の回転ジャングルジムがあり、 「この遊具がある公園も少なくなったな~」と、横を通るたびに思っていました。 ところが、先日自転車で通りかかると、遊具がリニューアルしているではありませんか! 回転ジャングルジムは撤去され、原色づかいが素敵な複合遊具が設置してありました。 中野区の公園担当の方にお聞きしたところ、公園に隣接する道路の拡幅に伴い、昨年度末に 設置されたとのことでした。約半年くらいしか経っていない、ピカピカの遊具です♪    階段のデザインがおしゃれです。 水飲み場も新しくなっていますね。公園内のベンチも新しくしたそうです。 複合遊具のほかに、砂場と鉄棒があります。 リニューアルして、とても明るい雰囲気に生まれ変わった柏公園。綺麗なベンチなら、何時間でも 子どもの遊びを見守れるかもしれません(!?) 柏公園 住所 中野...

妙正寺川沿いをサイクリングしていた時に、ふらりと寄ってみた沼袋西公園。 川沿いの道路からは、広場のみの公園のように見えていて、いつもは通り過ぎるだけの公園でした。 遊具は無いのかな~と広場を縦断すると、細い道路をはさんで、 遊具のあるエリアがありました。 可愛い乗り物がふたつ。 砂場もあります。 複合遊具は、平均台あり、懸垂ができそうな高めの鉄棒あり。小ぶりながら さまざまな遊び方ができそうです。 ちょっと座って休憩を、とベンチに近づくと、なんと座面にかっぱの絵描き歌が! ♪おさらじゃないよ はっぱだよ♪ 思わず口ずさみます。 周辺のベンチを見てみると、昔の遊びやわらべ歌がそれぞれ座面に刻んでありました。 平成生まれの娘は知らないものもあり、このベンチは休息だけでなく文化の継承にも役立ちそうです。 童心に返って砂に河童を描いてみるのもおすすめです♪ 沼袋西公園 ◆住所 中野区沼袋3-1...

PAGE TOP