鍋横地域にはかつて、いくつかの映画館があった!

「中野オデヲン座」は、東亜興行が1950年12月に開館した映画館。
当初の館名は「中野ロマンス座」でしたが、1955年頃に「中野オデヲン座」に改称されました。
1979年に惜しまれつつも閉館しましたが、映画「地下鉄に乗って」(2006年)のなかで、撮影用セットとして外観が再現されたことで知られています。
同館があったのは、現在の住所で東京都中野区中央4-1-22。今はマンションになっています。

オデヲン座トリミング

「中野オデヲン座」

PAGE TOP