意外!? 鍋屋横丁の「鍋屋」とは多くの参詣客でにぎわった○○だった!

渋谷の恋文横丁、品川の青物横丁と並び、“東京の三大横丁”ともいわれる「鍋屋横丁」
「鍋屋」とは、江戸時代に繁盛していた草もちなどを出す茶屋のことです。
この鍋屋の角がちょうど杉並区堀ノ内にある妙法寺への参詣道の入り口にあたったため、
多くの人がここで休憩したのだとか。
歴史に思いを馳せながら、鍋屋横丁から妙法寺まで散策してみるのも一興ですね。

なべよこ道しるべ<確認用>

 

PAGE TOP