即日完売状態! 毎週火・金曜に野方で「常陸太田産の朝採れ野菜」を販売中

PC221416

高速バスを使った産地直送野菜の販売

毎週火曜と金曜の2回、茨城県常陸太田市の朝採れ野菜が丸正ニューフーズ野方南口店・野方北口店で販売されているのを知っていますか?
この取り組みは、中野区と地方自治体が体験・観光交流や経済交流、環境交流などを通じてさまざまな連携事業を行う「なかの里・まち連携」がきっかけとなっているのですが、連携自治体の一つ、常陸太田市の道の駅に高速バス乗り場ができたことも大きな理由の一つです。

まず、常陸太田市内の朝採り新鮮野菜や旬の果物などを、2016年7月にオープンした「道の駅ひたちおおた」に集約し、専用の保冷コンテナに入れて高速バスのトランクに積み込みます。「道の駅ひたちおおた」を出た高速バスは「バスタ新宿」へ向かいますが、終点の新宿で乗客が降りた後、中野区役所前で野菜を下ろす作業がルート上、できるようになりました。

8:12に出発した高速バスは、11:11頃バスタ新宿に到着。その後、中野区役所前で高速バスから下ろした野菜をトラックに積み替え、その日の昼過ぎには丸正ニューフーズ野方南口店・野方北口店に並びます。高速バスのトランクに乗せたことで運送費のコストが抑えられるため、新鮮な野菜が手頃な値段で販売できるようになったのです。

IMG_0137

中野区役所前に高速バスが到着!バスから野菜を下ろし、トラックに積み込みます

01

専用保冷コンテナが丸正野方南口店に到着

03

中には農家のみなさんが丹精込めて作った野菜がぎっしり!

04

専用保冷コンテナから出されて特設コーナーへと並べられます

新鮮な野菜を買い求めるお客さんで店内は混雑

この日、到着した常陸太田市内の朝採り野菜は、パクチー、プチベール、ミニパクチョイ、ちぢみ小松菜など10種類ほど。丸正野方南口店の秋山店長にお話を聞くと、その日のうちに完売してしまうほど売れ行き好調とのことです。
「ただ、今年は残念なことに台風の影響で野菜が少ないですね。いつもなら白菜、ほうれん草、ねぎといった鍋に入れる野菜が安くておいしい時期なんですが、ご存じのように葉物野菜を中心に値段が高く、量も不足しています。

最近は、家族も少なくなった分、新鮮なものを少しだけ買いたいというお客さんが多くなりました。また、めずらしい野菜は人気があります。その点、常陸太田では特色あるめずらしい野菜を作っている農家がたくさんあります。例えば、ナス。白長ナス、ピンクひかりナス、たまごナスといったように種類も多く、お客さんからは、味も鮮度も違うと好評を得ています。すでに固定客がついていて、火曜と金曜に待っているお客さんもいるほどですよ。
ここしばらくは品薄状態は変わらないと思いますが、春先になれば、またいろんな種類の野菜が出てくるので楽しみにしていてください!」

この事業は、このほど「グリーン物流パートナーシップ会議特別賞」(国土交通省、経済産業省主催)を受賞。今後もますます注目が高まりそうです。

06

新鮮な野菜は毎回、配送当日に完売状態。「火・金曜を楽しみにしているお客さんがいますよ」と秋山店長

グリーン物流パートナーシップ会議表彰式

2017年12月に開催された第16回「グリーン物流パートナーシップ会議」表彰式の様子

★毎週火・金曜に下記で販売
丸正ニューフーズ野方南口店
住所:東京都中野区野方5-24-1
電話:03-3339-2917
営業時間:10:00~20:30

丸正ニューフーズ野方北口店
住所:東京都中野区野方6-13-4
電話:03-3336-1848
営業時間:9:00~23:00

PAGE TOP