子どもを真ん中に大人も輝く!!ひがしなかの幼稚園

中野区では現在、かみさぎ幼稚園(昭和43年設立)、ひがしなかの幼稚園(昭和45年設立)と二つの区立幼稚園が運営されています。今回は、ひがしなかの幼稚園にお邪魔してみました。

園庭には可愛らしい姫りんごがたくさん

取材時には、園庭に可愛らしい姫りんごが実をつけていました。他にも金木犀が香り、グレープフルーツや柿の実がなっていたりと、四季折々の草花を楽しめるのもひがしなかの幼稚園の魅力です。

 

さて、みなさんは「教育」と聞いてどんなことを思い浮かべますか?

難しい話が始まるのかと敬遠された方、ご安心を!なんと、なんと、中野区の区立幼稚園で力を入れていることは、よく遊ぶことなんですって。幼稚園なのでもちろん教育の場ではあるのですが、まずは、遊んで、遊んで、さらに、遊んで、幼児期に大切だと言われる原体験(諸感覚を使った体験)を大切にし、「遊び」を通して創造力を高め、人との関わりや社会のルールなどを「学ぶ」んだそうです。

楽しそうですよね?
大人の私でも行きたくなっちゃいます。

でも、子どもにとって、「遊び」自体が「学び」なのだそうです。「遊び」と聞くと、大人はどうしても娯楽をイメージしますが、子どもの場合「遊び」とは環境から自らが学び取る力を育むものなのです。

子どもは様々な中から遊びに使う道具であったり方法であったりを自ら考えなければいけません。遊び自体も自ら考えたりもします。それがイメージ通りに行かなかったり、もっとこうしたら面白くなるんじゃないか?という試行錯誤をします。従来の詰め込み教育ではない、自ら学び取る力を、この、ひがしなかの幼稚園は育んでいるのです。

カメだけにカメラ目線のプリンちゃん。インコやモルモット、金魚にメダカにカブトムシ。動物たちと身近に触れ合える貴重な体験もできます。

先生たちはというと、子ども一人一人に寄り添った形でフォローをするんです。これは、とっても難しいことですし、タイミングを逃さず、その子本来の持ち味を存分に活かすという重大な役割を担っています。家庭と連携を取り、子ども一人一人をきちんと見ていないとなかなか難しいことです。

そして、ひがしなかの幼稚園の合言葉は、「子どもを真ん中に」。

「子どもを真ん中に」、保護者・幼稚園・地域の方などが協力し合い長年たくさんの園児を、そして、地域の子どもたちの成長を見守って来たのだそうです。

「子どもを真ん中に」と改めて言葉にして言われると、当たり前だと思っていたことなのに、今の日本でそれができるかな?と少し切なくもなりました。子どもを真ん中にすることは、親御さんだけでできるものでも、先生にお願いすることでもないんですよね。子どもが関わる全ての人が、子どもを真ん中にする気持ちをしっかりと持っていないと、弱くて優しい子どもたちは端っこに隠れてしまいます。

「子どもを真ん中に」「子どもを真ん中に」「子どもを真ん中に」呪文のように唱えたくなりました。「子どもを真ん中に」する幼稚園では、もちろん、子ども一人一人をしっかりと受け止め、その子らしく生活ができる工夫もされています。先生もたくさんいらっしゃり、子どもたちがのびのび遊んでいる様子が印象的でした。

そんな素敵な幼稚園に遊びに行けるチャンスがあります。未就園児の親子を対象に、おひさまタイムという遊ぶ会が毎月1回開催されています。

子どもが大好きなテーマの絵本がズラリ。

ブロックや木製遊具、製作や粘土など好きな遊びをしたり、親子で手遊びや体操をしたりできます。しかも、実際にこちらの幼稚園に子どもを通わせているお母さん方がお手伝いしていらして、気軽にお話しもできるのです。

「子どもを真ん中に」する姿勢はおひさまタイムにも行き届いていて、遊びに来た子がみんなの子どもとして大切にされている光景はキラキラを超えてギラギラと輝いていました。

 

おひさまタイム
11月29日(金)、12月5日(木)、1月22日(水)、2月21日(金)
時間 10:00〜11:10(受付時間10:00〜10:10)
※幼稚園は、園児の安全を守るため、電子錠で施錠されていますが、受付時間のみ解錠されます。受付時間内にお越しください。
場所 中野区立ひがしなかの幼稚園 2階ホール
参加費 無料
予約 不要
持ち物 上靴、靴袋(親子共)
※外靴は靴袋に入れてホールまでお持ちください。

その他園より
・幼稚園入園前のお子さんはどなたでも参加できます。
・必ず保護者の方が同伴して遊びにいらしてください。
・ご飲食はご遠慮ください。
・遊んだものの片付けは、親子で一緒に行います。
    

ひがしなかの幼稚園
住所 東中野5−8−21
電話番号 03-3368-2369

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事公開当時のものです。