「19世紀生まれの絵師と明末清初の民窯五彩」/東京黎明アートルーム

19世紀に生まれた四人の絵師(椿椿山(1801年生まれ)、岡本秋暉(1807年生まれ)、滝和亭(1830年生まれ)、渡辺省亭(1851年生まれ))の絵をそれぞれ一作品ずつ展示します。
日本で天啓赤絵、南京赤絵などと呼ばれ愛好された明時代末から清時代初めにかけて民窯で作られた五彩作品も展示します。
陶磁器の常設展示作品「日本のやきもの」、アジアの仏教彫刻7点(常設展示作品含む)や岡田茂吉作品も展示します。

19世紀生まれの絵師と明末清初の民窯五彩

【開室期間】
2020/2/28(金)~ /3/31(火)

【休室日】
2020/3/3(火)のみ

【開室時間】
10:00~16:30 ※最終入室は16:00
午後から夜まDAY 2020/3/20(金・祝)は14:00~20:00の開室になります

【入室料金】
一般 400円 / 20歳未満は無料
※障害者手帳をお持ちの方及び介護者の方は200円引き
※《20歳未満の方》年齢を確認させていただく場合がございますので、年齢のわかるものをご用意下さい

▼チラシ(クリックすると拡大します)


東京黎明アートルーム
住所:東京都中野区東中野2-10-13
電話:03-3369-1868
アクセス:JR 東中野駅 西口より 徒歩7分
     都営大江戸線 東中野駅より 徒歩約7分
     東京メトロ 東西線 落合駅より 徒歩約14分
     東京メトロ 丸ノ内線 中野坂上駅より 徒歩約13分
公式ホームページはこちら

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事取材当時のものです。