2020.01.25〜2020.03.01

アール・ブリュット 今年で10周年「NAKANO 街中まるごと美術館!」

NAKANO街中まるごと美術館!10周年

アール・ブリュット -人の無限の創造力を探求する2020-
開催期間:2020年1月25日(土)~3月1日(日)

中野区の商店街と社会福祉法人愛成会が連携し、毎年開催しているアール・ブリュットのイベント「NAKANO街中まるごと美術館!」は、今年で10周年を迎えます。10回目の開催を迎える今回は、全国のアール・ブリュット作家から海外でも高い評価を得ている作家を中心に、また中野区出身の作家や本イベントで初めてご紹介する作家など、25名の魅力溢れる表現豊かな作品を中野の街中各所でお楽しみいただけます。

中野とアール・ブリュット

中野では、街を象徴する商店街をひとつの美術館に見立て、2010年から実物の作品展示やバナー、ポスターなどで様々な日本のアール・ブリュットの魅力を発信してきました。
本イベントは、人々の日常にアール・ブリュット作品が溶け込む空間を創出し、作品を通じて街を利用する多くの人が多様な価値観に気づくきっかけを作ることで、年齢や国籍・障害の有無を超えて多様性を受け入れる人づくりや街づくりへとつなげることを目指しています。

 

鈴村勇貴さん作<クレーン車>2013年

アール・ブリュットとは
アール・ブリュット(Art Brut:仏)は、フランス人画家のジャン・デュビュッフェ(Jean Dubuffet 1901-1985)が1945年に提唱した概念。専門的な美術教育を受けていない人々が、独自の発想と方法によって生み出す芸術作品を指します。アール(Art)は「芸術」、ブリュット(Brut)は「磨かれていない(加工していない)生のままの」という意味を持ち、「生(き)の芸術」とも呼ばれています。

 

作品展示場所(街中ギャラリー)

街角アール・ブリュット

中野サンモール商店街「空中ギャラリー」(過去開催の様子)

●中野ブロードウェイ商店街
・「階段ギャラリー」
・フォトスポット「ちいさなアール・ブリュット作品の世界」
・DVD上映「日本のアウトサイダーアート」
●中野サンモール商店街
・「空中ギャラリー」
●中野南口駅前商店街
・「看板ギャラリー」
●中野レンガ坂商店会
・「坂道ギャラリー」
●中野マルイ
・「隠れ家ギャラリー」
●三井住友信託銀行 中野支店

中野ブロードウェイ商店街「階段ギャラリー」(過去開催の様子)

中野南口駅前商店街「看板ギャラリー」(過去開催の様子)

 

② アール・ブリュット展「きおくのゆくえ」

過去開催の展覧会の様子(今年の会場とは異なります)

目に映るものごとや聴こえる音、鼻をくすぐる香りや何かに触れたときの質感や温度、また、その時々に生まれる感情。私たちは日々の生活の中で、五感を通じて様々なものごとを記憶しています。その感覚は、時に忘却と想起を繰り返し、意識と無意識を交差しながら心と身体に刻まれていくものです。
作家たちが表現する作品には、好きなものや気になるもの、何気なく目にする風景や衝撃的なできごと、幼い頃の思い出など、日常のあらゆる記憶が彼らなりの色やかたち、文字や言葉へと紡がれることがしばしばあります。
アール・ブリュット展では作家たちの表現に多く見られる「記憶」に焦点をあて、全国のアール・ブリュット作家から15名の多種多様な作品の魅力が紹介されます。

●第1会場「野方 WIZ GALLERY」※観覧無料
所在地:中野区野方5-3-1 野方区民活動センター2階 ギャラリーA・B
開催期間:2020年2月2日(日)〜2月8日(土) 10:00〜17:00
出展作家:阿山隆之、大路裕也、カズ・スズキ、勝部翔太、澤田真一、魲万里絵、西岡弘治、本岡秀則、山根暁、吉澤健、渡邊義紘
※展示状況により出展会場が変更になる場合がございます

◎創作アトリエ「素材で遊ぼう」常時開催
◎DVD上映「日本のアウトサイダーアート」常時上映
◎ギャラリートーク
2020年2月7日(金)14:00~※参加無料、予約不要
◎視覚障害者とつくる美術鑑賞ワークショップ
(ナビゲーター:視覚障害者とつくる美術鑑賞ワークショップ)
2020年2月8日(土)午前の回/10:30~12:30 午後の回/14:00~16:00 ※参加無料
定員:各回7名 ※事前予約制(応募者多数の場合は抽選となります。)

●第2会場「GALLERY リトルハイ」※観覧無料
所在地:中野区中野5-52-15 中野ブロードウェイ 4階
開催期間:2020年2月16日(日)~24日(月・祝)11:30~19:00
出展作家:青木尊、勝部翔太、古久保憲満、澤田真一、鈴村勇貴、水ノ上茉優、渡邊義紘
※展示状況により出展会場が変更になる場合があります

◎ギャラリートーク
2020年2月23日(日)14:00~※参加無料、予約不要
※ギャラリートークは新型肺炎感染拡大防止策に伴い中止となりました

勝部翔太さん作<無題>

 

①街角アール・ブリュット、②アール・ブリュット展(第1会場・第2会場)
平成31年度中野区地域連携型商店街事業
主催:NAKANO街中まるごと美術館実行委員会

—————————————————————————————————-

関連イベント

①「アール・ブリュットをさがせ!」

「街角アール・ブリュット」の各会場と、「アール・ブリュット展」の2会場から、チラシに掲載されている6点の作品中3点以上見つけた方に、「NAKANO 街中まるごと美術館!10周年」記念のオリジナルグッズをプレゼント!
開催期間:2020年1月25日(土)から3月1日(日)17:00まで
開催場所:街角アール・ブリュット」の各会場と、「アール・ブリュット展」の2会場
オリジナルグッズ引換場所:公式サイトにて公開いたします

②映画「描きたい、が止まらない」バリアフリー上映会 in 中野+アフタートーク 古久保憲満×近藤剛監督

※②のイベントは新型肺炎感染拡大防止策に伴い中止となりました

ボールペンと色鉛筆だけで描く精密画の大作に挑む自閉症のアール・ブリュット作家、古久保 憲満さん。彼の活動の軌跡を描くドキュメンタリー映画の上映とともに、主人公の古久保さんと映画監督の近藤剛さんをお招きしたアフタートークも開催。

開催日:2020年2月22日(土)13:00~16:00
会場:中野テルプシコール(中野区中野5-26-18)
出演:古久保憲満(出展作家)、近藤剛(映画監督)
入場料:大人1,000円、中学生以下500円
定員:80名程度 ※事前予約制

 

 

関連イベント
①「アール・ブリュットをさがせ!」、②映画「描きたい、が止まらない」バリアフリー上映会 in 中野+アフタートーク
主催:社会福祉法人愛成会

—————————————————————————————————-

各イベントのお申込み・お問合せ

社会福祉法人愛成会 法人企画事業部
所在地 中野区中野5-26-18
電話 03-5942-7259
FAX 03-3387-0820
メール kikaku@aisei.or.jp

★公式サイトはコチラ

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事取材当時のものです。