行ってきました、中野沼袋氷川神社へ初詣!

ようこそ中野へ!
区民レポーターのYOUI・DON(よ~い、どん!)です

 

沼袋エリアに引っ越してきて初めてのお正月を迎え、元旦初詣は氏神様となる「中野沼袋氷川神社」を参拝しました。

 

こちらの神社へは初めての初詣ということもあり、「まるっと中野」のイベント情報をたよりに、いざ現地へ!

西武新宿線「沼袋駅」を13時頃通過。
そんなに歩いている人はいないな、と思いその先を進んで行くと…
なんと、神社がまだ見えない辺りまで長蛇の列が!!

後方にも、まだ長い列が続きます

列は少しずつ、少しずつスローペースで前進します。
新年早々先を急ぐ者は誰もいませんが、このゆったりと進む列は単に参拝するだけではない、きっと何か理由があるに違いない!

そう思いつつ、遠くからのお囃子の賑やかな音色も楽しみながらの待ち時間を過ごします。

大鳥居をくぐると、いざ、神社境内へ!

大黒様にお囃子と獅子舞が参拝者を迎えます

そして階段を上りきると、子育て狛犬を両手に見ることができます。

3回なでるとお産が軽くなると言い伝えられています

この狛犬は子供を抱いており、戌の日には安産祈願に多くの参拝者があるようです。

マタニティーマークデザインの安産守り(700円/税込)

縁結び、厄除け、学業、病気守りなど、デザインも様々

そして、ここでやっと、初詣参拝者の列がゆっくり進む謎が解けました!
社殿前で、参拝者を待っていたのは、大きな茅の輪。
みなさんこれを8の字に3回くぐっていたのですね。

家運繁栄・無病息災を祈念する遠い昔からの神事に由来する祭具

茅の輪のくぐり方

私も8の字にこの輪を3回くぐり、社殿へ手を合わせます。

新年祈祷も受け付けています

参拝を終えた方は、各々、おみくじを引いたり、甘酒を呑んだり、ベンチで休んだりとゆっくりと神楽殿前で過ごす姿がありました。
神楽殿ではお囃子や舞も披露され、白い袋に入ったお菓子もふるまわれました。

舞の後半、舞台からお菓子が撒かれます。

古神札も納めることができますので、これまでのご加護に感謝をして新年を迎えるといいですね。

古神札納所

境内は広々としていますが、アットホームな雰囲気。
外国人観光客かと思われる参拝客も多く、日本のお正月を楽しむ姿が見られました。

お正月問わず、是非 境内をゆっくり散策してみてください。
中野七福神や三本願い松など、中野のパワースポットとして有名な神社です。

 

沼袋氷川神社
所在地 中野区沼袋1-31-4
アクセス 西武新宿線「沼袋駅」から徒歩3分
電話 03-3386-5566
開門時間 6:00~19:00
駐車場 有(25台)

★沼袋氷川神社について他の記事はコチラ
★公式サイトはコチラ

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事取材当時のものです。