中野から生まれる新しいクリエイティブ!「東京工芸大学芸術学部卒業・大学院修了制作展 2020」

東京工芸大学は、1923年に創設された小西写真専門学校を前身とし、写真が工学的技術を使った芸術表現であることから「アートとテクノロジーを融合した無限大の可能性」を追究し続けてきた学校です。

現在は工学部と芸術学部を擁し、芸術学部には「写真学科」「映像学科」「デザイン学科」「インタラクティブメディア学科」「アニメーション学科」「ゲーム学科」「マンガ学科」と幅広い学科を設置、若きクリエイターたちを輩出しています。

東京工芸大学中野キャンパス

その芸術学部がある中野キャンパスにて、去る2月21日(金)~23日(日)の3日間、「芸術学部卒業・大学院修了制作展 2020」が開催されました。展示は一般公開されており、若きクリエイターたちの作品を見ることができる貴重な機会なので、訪ねてみました。

まずは、マンガ学科の展示室へ行ってみました。

静かな室内では、お客さんが熱心に作品を見て、読み込んでいます。

マンガ学科の学生の中には、既にプロとして活動されている方もいるそうです。

展示作品「あんぐれかむ」と作者の吉川よしおさん(マンガ学科)

展示されていた作品のひとつ、「あんぐれかむ」の作者である吉川よしおさんにお話を聞いてみました。

「この作品は、主人公が大切な仲間を守るために奮闘するというファンタジーです。主人公は2人のキャラクターありきで考えていて、仲間、家族の関係を生かして、『身近な人を大切にしよう』ということをテーマとしています。週刊少年サンデーの『マギ』が好きで、少年マンガに影響を受けています」

カラーで描かれたキャラクターのイラストでは、少年マンガのような力強いタッチに、繊細な色合いが印象的でした。

この作品は、同人誌やSNSで展開中とのこと。

ある学生さんはその特技を生かして、来場者の「似顔絵コーナー」を開催していました。

マンガっぽいタッチの似顔絵が綺麗なカラーで仕上がっていきます

 

次に、ゲーム学科の展示室へ。

様々な趣向を凝らしたゲームが展示され、お客さんがデモンストレーションを見たり、実際にプレイしています。

その中に、ゴーグルを着けてプレイするVRゲームの展示スペースが。

ゴーグルを通したゲームの中では、広大な海中の世界が広がっていて、360°見渡すことができ、本当に海中散歩をしているような気分になり、圧倒されます。

展示作品「Orca(オルカ)」と作者の加藤雅也さん(ゲーム学科)

このゲーム「Orca(オルカ)」の作者は、加藤雅也さん。

「『Orca』は、シャチと海中を旅するVRアドベンチャーです。シャチが主人公なのは、ぼくがシャチを好きだから。ゲームをやったことがない人でも楽しめる、わかりやすいゲームを目指しました。ゲームを通して海中を旅する楽しさ、感動を伝えたいと思っています。ぜひいろんな方に遊んでもらいたいです。市販のゲームでは、砂の世界を旅する『風ノ旅ビト』が好きです」

お隣の部屋もゲーム学科の展示室。先程の部屋とは打って変わって真っ暗。

なるほど、大スクリーンやホログラムのゲームなどが展示されているからなのですね。

おや?何やら非常に変わったゲームです。

テーブルの上で、機械をあちらこちらに一生懸命移動させていますよ。

よく見ると、ピラミッド型の立体スクリーンにホログラムが映し出されています。

映し出された主人公と一体になった感覚で、ゲームの中の宮殿を移動しているんですね。

展示作品「アビスキャッスル」と作者の公門風哉さん(ゲーム学科)

「これはどんなゲームなのですか?」と作者の公門風哉さんに聞いてみると、

「『アビスキャッスル』は、主人公のダイバーが、海中の宮殿を探検しながら、魚の魔物を撃退するというゲームです。このゲームのために、ホログラムを使ってゲーム空間を現実の空間で展開する『ホロプレイ』という専用のデバイスを4人で開発しています」

ホログラムやディスプレイ自体を移動させるプレイの仕方など、今までにない斬新なシステムの“ニュータイプゲーム”として、特に若い方に好評だそうです。

他にも、アニメーション学科の上映会やデザイン学科、インタラクティブメディア学科、映像学科、写真学科の展示もありました。

どの作品も非常に完成度が高く、新鮮かつ斬新な発想のものも多かった「東京工芸大学芸術学部卒業・大学院修了制作展 2020」。何よりも作者である学生の皆さんが活気に溢れ、これからのクリエイティブを担っていく未来のクリエイターたちのキラキラした目がとても印象的でした。

東京工芸大学 中野キャンパスで一般公開されるイベントの際には、ぜひ足を運んでご自身の目で作品を見て、体験してみてはいかがでしょうか!

 

東京工芸大学 中野キャンパス
住所 中野区本町2-9-5
電話番号 03-3372-1321
アクセス 東京メトロ丸ノ内線・都営地下鉄大江戸線「中野坂上駅」徒歩7分

★公式サイトはコチラ

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事取材当時のものです。