青梅街道沿いの新しいレンタルスペース「Central Space」

CentralSpace

青梅街道沿いにレンタルスペースがオープンしました

いつも多くの人でにぎわう青梅街道。新中野駅と中野坂上のちょうど真ん中あたりにレンタルスペース「Central Space」さんがオープンしました。創業61年の「かね長 桜建設株式会社」さんによる設立です。

入り口

青梅街道に面していて入りやすい入り口。(かね長桜建設さん提供画像)

25㎡の空間は天井が高く、大きな窓があり、開放的な雰囲気です。青梅街道のにぎやかな気配も感じられます。

室内の様子

室内の様子(かね長桜建設さん提供画像)

完成後、宝仙寺前のフローリストHANASYOさんの作品が期間限定で飾られました。

フローリストHANASYOさん作品

お花が引き立ち、豪華な空間となりました(かね長桜建設さん提供画像)

レンタルスペースをオープンした背景

かね長 桜建設さんは、以前から様々なイベントを通して地域の皆さんとの交流の場をつくってきたそうです。英語教室や手話教室などの他、ハロウィンやクリスマスなど季節のイベントも開催してきました。創業60周年を機にもっと皆さんに楽しんでもらえる場を作りたいと、レンタルスペースを設立することにしたそうです。アート作品のギャラリーやポップアップストア、レッスンやワークショップ、その他集まりの場など使用用途は無限大です。ちなみに「Central Space」という名前は、住所が「中野区中央」にあることにちなんでいるそうです。かね長 桜建設さんによると、「中野の中央にあるスペースに人が集まり、楽しいひと時を過ごしてもらえたらという願いを込めて「Central Space」と名付けました。」とのこと。

利用料金は、下記のようになっています(2020年7月現在、全て税込み)。

時間 平日 土日祝
(一日利用のみ)
一日 8,000円 12,000円
午前(9:00〜12:00) 3,000円  
午後(13:00〜18:00) 5,000円  

アートの展覧会を見に行ってきました

私は普段からしょっちゅう「Central Space」さんの前を通るので、完成前から気になっていました。7月についにオープンし展覧会が開催されると知り、早速訪問しました!

展覧会看板

江原由佳理さんのアート展覧会です

会場の様子

会場の様子

江原由佳理さんは絵画、造形、インテリアデザイン、ライブペイントなど多彩な活動をされている作家さんです。展覧会でもバリエーション豊かな作品が凝縮されていました。

ひまわり畑の絵

引き込まれそうなひまわり畑の絵

絵画3枚

知っている景色のような?空想の景色のような?幻想的な絵

会場でライブペイントを行う予定だったそうなのですが、社会情勢により残念ながら中止となってしまいました。代わりに過去のライブペイント作品が展示されていました。こんな綺麗な作品を描くところ、私も生で拝見したかったです。

ライブペイントのガラス

過去のライブペイント作品

立体作品もありました。カラフルな布やスパンコールで作られたトカゲです。お祭りのような、愉快な気持ちになりました。

トカゲの立体作品

トカゲの立体作品

扉の上に、「ムカシトカゲ」の迫力ある絵が展示されていました!展示の仕方にも作家さんのこだわりを感じます。

ムカシトカゲの絵

ムカシトカゲの絵

室内から見える青梅街道の賑わい

室内から見える青梅街道の賑わい

生命力ある作品達を拝見し、心が潤いました。今後のイベントも楽しみです。青梅街道のお散歩の際には、皆さんも新しい創造空間「Central Space」を是非チェックしてみてください。

Central Space
所在地 中野区中央3-22-3
アクセス 東京メトロ丸ノ内線「新中野駅」より徒歩6分、東京メトロ丸ノ内線・都営大江戸線「中野坂上駅」より徒歩8分

お問い合わせ(かね長桜建設株式会社)
電話 03-3369-8019
定休日 日・祝
メール jimu@sakura-kensetu.co.jp

★かね長桜建設(株)さんの公式サイトはコチラ
★Instagramはコチラ
★Facebookはコチラ
※利用希望について:公式サイトでの予約フォームは準備中です。設置完了まではお電話・メールにてお問い合わせください。

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事取材当時のものです。