2021.09.01〜2021.10.31

歴史民俗資料館 館蔵品展「はかる」道具

人の生活と共に
あゆんできた
「はかる」の歴史

館蔵品展「はかる」道具
2021年9月1日(水)~10月31日(日)

  

今年2021年は、日本における近代計量制度が確立したとされる「度量衡法(どりょうこうほう)」公布から130年、
計量単位のメートル法統一を定めた「度量衡法」改正から100年という節目の年にあたります。
「はかる」という行為が人の生活に欠かすことができないのは昔も今も変わりません。
ものさしや枡、秤といったものに代表される「はかる」道具は、昔から姿を変えずに使われているものや変化したものなど実にさまざまです。
本展覧会では、古くから日本で用いられてきた単位系「尺貫法(しゃっかんほう」にも注目して、計量制度のあゆみを概観しながら、
人の生活と共にあゆんできた「はかる」の歴史と道具をご紹介します。

■新型コロナウイルスの状況により、掲載の展示・イベント等中止または延期、内容などが変更される場合があります。
■開館の状況など、資料館の最新情報は、公式ホームページ、ツイッターおよびフェイスブックでご確認いただくか、
歴史民俗資料館(03-3319-9221)にお問い合わせください。ご理解、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます
■フェイスブック
https://www.facebook.com/nakanorekimin
■ツイッター
https://twitter.com/nakano_rekimin
■ホームページ
https://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/211500/d029693.html

新型コロナウイルス感染防止対策 安心してご観覧いただくためにー

ご来館のお客様へ
<ご協力のお願い>
・咳・のどの痛み・発熱(37.5℃以上)・倦怠感などの症状があるお客様は、入館をお控えください。
・基礎疾患(呼吸器疾患など)のある方は、重症化のリスクがあるので、入館をお控えください。
・入館にあたっては必ずマスクをご着用ください(2歳未満の乳幼児を除く)。
・館内入口にアルコール消毒液を設置しております。入館時には消毒液にて手の消毒をお願いします。
・人と人との間隔は出来るだけ2メートル以上あけ、近接した距離での会話はお控えください。
・新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、来館の皆様に連絡先の記入をお願いしています。

<当館の対応>
当館では、新型コロナウイルスの感染予防のため、以下の対応を行っています。
・当館スタッフはマスクを着用しております。
・館内・展示室内にて定期的に消毒作業を行っております。
・館内の換気を適宜実施しております。
・館内の状況により、入館を制限する場合があります。
ご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

山﨑記念 中野区立歴史民俗資料館は、
郷土の文化遺産を保存し展示活用していくことを目的に、
名誉都民である故・山﨑喜作氏から寄贈された土地に建設し、
平成元年(1989年)に開館しました。

山﨑記念 中野区立歴史民俗資料館
〒165-0022 東京都中野区江古田4―3―4
TEL(03)3319-9221 FAX(03)3319-9119
■開館時間 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)   
■休館日 月曜日・第3日曜日 ■入館料 無料

◎館利用者専用駐車場あり
◎大型エレベーターあり 車椅子の方でも安心して観覧できます
◎貸出用車椅子あり(2台 無料)

■交通
・西武新宿線「沼袋駅」北口より徒歩8分
・都営地下鉄 大江戸 線「新江古田駅」より徒歩15分
・JR「中野駅」北口より練馬駅行き(京王バス中92系統)「江古田二丁目」下車徒歩2分 
・JR「中野駅」北口より江古田駅行き(関東バス中41系統)「江古田二丁目」下車徒歩2分 ※中12系統はとまりません
・西武池袋線「練馬駅」北口より中野駅行き(京王バス中92系統)「江古田四丁目」下車徒歩5分

 

 


※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事取材当時のものです。