3月展覧会~応挙の花鳥図 ここは、もう春です~

東京黎明アートルームの3月の展覧会「応挙の花鳥図 ここは、もう春です」では、絵画を6点展示します。
 
ポスターを拡大(新しいウィンドウで開きます)
 

円山応挙の「花鳥図」は鳥舞い花咲き誇る春の図。

写生を重んじ、それによって培われた高い技術で、装飾性豊かな絵画を生み出す応挙。そんな応挙の創意と技量がいかんなく発揮されています。

山本梅逸の「植虫図」。

花の周りに配されているのは鳥ではなく蝶などの虫。その写実的な表現は、応挙に負けずとも劣らない出来栄えです。
 
一方、与謝蕪村の「山居訪隠図」と「松渓月夜之図」は人里離れた山中で生活する隠者を描いたもの。淡い色彩が施されたほのぼのとした作品です。

2Fには「山水図」(雪村周継筆)と「竹図」(尾形乾山筆)。

墨絵の小品です。
 
中国画に学び、表現を磨いた日本の絵師たちの作品をお楽しみください。
 

1Fには中国の青磁を12点展示します。

古越州、越州窯、耀州窯、龍泉窯、鈞窯、岳州窯、そして南北朝時代のもの。どれも小さな作品です。中国青磁の奥深い美の世界。その一端を垣間見ていただけたら幸いです。
 
2Fには平安時代の木彫仏とカンボジアの石仏を並べて展示します。
 
絵画6点、中国の青磁12点、日本の陶磁器19点(常設展示作品)、アジアの仏教彫刻9点(5点の常設展示作品含む)、そして岡田茂吉作品とともに皆様のご来室を心よりお待ちしています。
 
「東京黎明アートルーム」
東京都中野区東中野2-10-13
Tel.03-3369-1868
会期:3/10(木)~25(金) ※3/20(日・祝)は休室
開室時間:10:00~16:30(最終入室16:00)
入室料:一般 400円
※小学生以下は保護者同伴で来場してください
※20歳未満は無料(年齢の分かるものを持参してください)
※障害者手帳をお持ちの方および介護者の方は200円引き
http://www.museum-art.torek.jp
 
アクセス:JR東中野駅西口より徒歩7分
都営大江戸線東中野駅 A3出口より 徒歩6分
東京メトロ東西線落合駅 A1出口より 徒歩14分
東京メトロ丸の内線中野坂上駅 2番出口より 徒歩13分

東京黎明アートルーム

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事取材当時のものです。