2016.04.19〜2016.05.31

企画展「五月人形」開催中! <中野区立歴史民俗資料館>

企画展「五月人形」

開催期間:4月19日(火)~5月31日(火)

<内容>

子どもの健やかな成長を願う五月五日の「端午(たんご)の節句」は、奈良時代に宮中ではじまったものが民間にひろまって、江戸時代には鯉のぼりも加わりました。

男の子が生まれた家に母方の実家から庭にたてる旗幟(はたのぼり)を贈ったり、屋根の軒先に魔除けとして菖蒲やよもぎをさしたりしていました。

本展では、江戸から昭和にかけての鎧(よろい)段飾り、武者人形などを鯉のぼりをともに紹介します。

★ギャラリートーク

当館学芸員が企画展の内容を解説します。

開催日時:4月29日(金・祝)、5月3日(火・祝)

各回:13時30分~ (約40分)

 

◆場所:中野区立歴史民俗資料館 :2階展示室

165-0022 東京都中野区江古田4-3-4

TEL: 03-3319-9221 FAX: 03-3319-9119

◆開館時間 午前9時~午後5時(入館は4時30分まで)

◆休館日 月曜日・第3日曜日

◆入館料 : 無料

 

<同時開催>

☆館蔵品展「写真でつづる昭和30年代」

開催期間:4月1日(金)~5月8日(日)

☆コーナ-展「幕末の三面記事」

開催期間:4月1日(金)~5月8日(日)

☆山﨑家庭園茶室の公開

開催期間:4月23日(土)~5月8日(日)

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事取材当時のものです。