中野をスイーツに。「パティスリーレザネフォール」

中野区新井、新井薬師公園の北に位置するのがパティスリーレザネフォール中野です。

 色鮮やかなピンクの幌が目印のパティスリーレザネフォール中野

夏の楽しみ、かき氷は中野店限定!

夏季限定のかき氷は中野店限定!ホイップも添えられたパティシエのかき氷です。「イチゴ練乳天然氷」850円(税抜)

パティスリーレザネフォールは恵比寿に本店もあるのですが、なんと「中野店だけ」夏にかき氷が販売されるんです。いちごとホイップが添えられ、果実感いっぱいのソースと練乳がたっぷりかかったミルキーな氷の中にはミックスベリーが!こちらは冷凍になっており、歯ざわりもよく時折口の中に広がる酸味がたまりませんでした。「パティシエが考えて作ったかき氷」は、まるでケーキのような満足感が味わえます。テイクアウトもありますよ!

中野にやってきた「レザネフォール」

2つ目の店舗となった中野には、縁あってやって来られたのだそう

恵比寿に本店を構えるレザネフォール。中野店は2店舗目として2018年にオープンしました。ここには元々別のケーキ店があり、レザネフォールのシェフパティシエの菊地さんは、当時そこで修行をしていました。その師匠にあたるパティシエが高齢のため閉店を考えたとき、菊地さんに店舗を託されたのだそう。

「その時(店舗を託す話があった時)はすでに独立して恵比寿でレザネフォールをやっていましたから、自分の店としてレザネフォールの名にしようと考えました」と菊地さんが教えてくれました。

中野にちなんだ焼き菓子もたくさんあります

「中野のすぐれたところをお菓子にして取り上げよう」と発売されているのが、中野にちなんだ焼き菓子です。ひとつご紹介します。

新井薬師公園のけやきをイメージした「けやきのリーフパイ」170円(税抜)

お店にほど近い新井薬師公園にあるけやきの木の葉をモチーフにした「けやきのリーフパイ」170円(税抜)。けやきの葉を象ったパイにザラメ糖がいっそうかわいらしい焼き菓子です。サクサク・フカフカの食感は落葉したけやきの葉が降り積もった秋の足元を思い出させます。

 

店内は広く、長いショーケースにはさまざまなケーキがずらり!季節ごとにおいしいフルーツを使ったケーキも多く、迷ってしまいます。

ケーキがたくさん並ぶショーケースはわくわくします

人気の「ピスタッシュ・グリオット」580円(税抜)は大人の味

大人気のケーキは鮮やかなグリーンが印象的な「ピスタッシュ・グリオット」580円(税抜)。ピスタッシュとつく通り、ピスタチオがふんだんに使われたケーキです。上に載っている丸い粒がもうひとつの名前であるグリオット。チェリーを洋酒に漬け、茶色ともいえる濃い色に変わるのだそうです。

濃厚なピスタチオの香りを纏ったふわふわクリームに食感の変化が楽しいチョコレート味の生地が隠されています

食べてみると、まず軽い口当たりのクリームに爽やかに広がるピスタチオの香り。ふわふわに仕立てられた緑色のピスタチオクリームの中には、チェリージュレとチョコレート味のムースやスポンジが包まれていました。グリオットも洋酒の風味がたっぷり。香りと食感が特徴的な、大人のケーキです。

焼き菓子も種類豊富! 小さなクッキーから大きなリーフパイまで

ケーキの他にも、焼き菓子やジャムなどいろいろな商品が豊富に揃えられています。小さな袋の包装から、箱に入った贈り物にぴったりの詰め合わせまで、とりどりに目を誘います。

店内でケーキを食べられるスペースも設けられ、ドリンクの注文もOK!

広いお店の一角にはテーブルと椅子が用意されており、飲み物のメニューもあるので、落ち着いた店内でゆったりスイーツを楽しめますよ。

 

パティスリーレザネフォール中野
所在地 中野区新井5-5-10
アクセス 西武新宿線「新井薬師前」駅から徒歩6分
     JR中央線「中野」駅北口から徒歩17分
     関東バス「新井薬師前」停から徒歩1分
営業時間 9:00〜20:30
定休日 不定休
電話 03-3386-8633
★公式サイトはコチラ

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事公開当時のものです。