照明屋さんが手掛ける、世界と繋がるハッピーな暮らし 「Lampada」「LampadaⅡ」

今日は新井五差路の一角あるユニークなお店、雑貨店「Lampada」(らんぱだ)と、カフェ「LampadaⅡ」(らんぱだつー)をご紹介したいと思います。まず何がユニークかと言いますと、実はこの2店、創業70年の歴史を持つ新洋電気さんの直営店なんです。

照明屋さんの雑貨店「Lampada」。

店内には色んな国の照明に灯されています。スペインの陶器の照明や、パキスタンで作られたラクダの皮の珍しい照明もありました。照明や雑貨を合わせると、世界50か国のアイテムを扱っているそうですよ。

店内は、素敵な照明がいっぱい♡

またフェアトレードや、オーガニックな素材や食品、コスメも数多く扱っています。フェアトレードとは発展途上国で作られた農作物や製品を適正価格で継続的に取引することにより、生産者の生活向上を支える仕組みです。もし気に入った商品がフェアトレードの物だとしたら、買うという行為だけで国際協力に参加していることになるんです。国際協力と言うと少々かしこまった感じがしますが、作った人も使っている人もどちらも幸せになる仕組みなのです。

こちらはペルーのひょうたんで作られた小物入れです。手に取って良く見ると、ルーペでじっくりと見たくなるほど、細かな装飾が施されています。どうやって作っているのかな? これを作ったのはどんな人かな? 見れば見るほど想像が膨らみます。

ひょうたんの小物入れ。細かく描かれた職人技の装飾を、見てください!(4200円/税抜)

ブラジルから来た再生ゴムのエシカルアクセサリーは、どれも独創的でインパクトありますね! 

ブラジルから来た、再生ゴム、エシカルアクセサリー

寒い季節のお洒落に欠かせないアルパカニット製品。あの可愛らしいアルパカのホワホワの毛で包まれたら、心も癒されちゃいそう♡

お洒落で温かいペルーのアルパカニットの品々 帽子(無地)6800円(税抜)、帽子(カラフル)7800円(税抜)

ディズニーの映画「リメンバー・ミー」が記憶にまだ新しいですが、骸骨ってメキシコではとても愛されているんですよね。これはお手玉かな、飾りでしょうか? 何とも言えない愛らしさに、異国の作り手の温もりが感じられます。骸骨に怖いイメージを持つ日本人が骸骨のお手玉を作ったら、全然違う物になりそう??

可愛過ぎる! メキシコの骸骨!(380円/税抜)

「Lampada」は約20年前に、照明のショールームとしてOPENしました。灯りと同じようにお部屋に温もりを与える、作り手の想いが感じられる工芸品をショールームに置いたのが、インテリア雑貨店のスタートだったそうです。「自分たちがものを作っているからこそ、作る人を大切にしたい」そんな思いがフェアトレードの考え方と重なり、今では雑貨の他にもフェアトレードの食品や化粧品等、多くの品々がお店に所狭しと並んでいます。

フェアトレードのチョコレートやコーヒー、デザインも素敵ですね。

店内には様々な国の魅力的な小物が並んでいますが、そのどれについて伺っても、お店ではそのバックグラウンドを説明してくれます。「何処の国で誰がどうやって作ったのか、手に取って是非感じて頂きたい」と新谷鮎子さんはお話されていました。お話を伺う内に、まだ行ったことの無い異国に思いを馳せ、まるで世界を巡っているような気分になりました。

新洋電気株式会社 販売、営業 新谷鮎子さん

雑貨店「Lampada」を出て通りを渡った向かい側にカフェ「LampadaⅡ」があります。カフェではフェアトレードを基本にオーガニックなスパイスを使ったお料理や、お茶、コーヒーなどを味わうことができるんです。

通りを渡ったところにあるフェアトレードカフェ LampadaⅡ

こちらのカフェでは、もっと多くの方にフェアトレードについて知って欲しいと、不定期でイベントも開催しています。私も家族と一緒に10月20日に開催された「クメール舞踊と美味しいごはん」というイベントに参加して参りました。このイベントはフェアトレード団体「第3世界ショップ」によるもので、カンボジアの伝統舞踊「クメール舞踊」のショーや、踊りのワークショップ、またカンボジアのカシューナッツ農場や製品についても伺い、実際にカシューナッツを使ったお料理も食べることができました。

ユネスコ無形文化遺産であるカンボジアの「クメール舞踊」

カンボジアの学生に、クメール舞踊の手の動きを教えてもらうワークショップ

店内にはカフェで使われているフェアトレードの食品も販売しております。

カフェの棚には、フェアトレードやオーガニックの食料品が並んでいます。

近年、フェアトレード、エシカル、スローフードなどの言葉が良く聞こえるようになりました。「Lampada」さんでフェアトレード商品の背景を知るに至り、単なる言葉としての知識ではなく、それらの言葉が今までよりぐっと身近に感じるようになりました。明るく優しいオーナー新谷久美子さんは、Lampadaの鮎子さんのお母様です。イベントの終わりに話されたオーナーの言葉が心に残りました。

新洋電気(株)常務取締役 新谷久美子さん

「フェアトレードは、消費者活動です。何かを買うという行為は、選挙の投票と同じです。投票する時に、自分の考えに合った人を選ぶのと同じで、購入するという行為を大事にすることが大切です。自分の生活は自分が選んだもので成り立ちます。よく考えて物を買うことは、自分や作った人の豊かな暮らしに繋がるのではないでしょうか?」

照明屋さんの雑貨店「Lampada」、カフェ「LampadaⅡ」は、フェアトレード製品を手に取り、見て、聞いて、食べて感じることができるお店です。誰もがハッピーになる世界と繋がる暮らし、素敵ですね♡

Lampada(らんぱだ)
住所 中野区新井1-43-7
電話番号 03-5343-5053
営業時間 11:00~19:00
定休日 毎週木曜日、第1、3水曜日
アクセス JR「中野駅」北口より徒歩13分、西武新宿線「新井薬師前駅」南口、「沼袋駅」南口よりどちらも徒歩10分

LampadaⅡ(らんぱだ つー)
住所 中野区新井2-12-9
電話番号 Lampadaと共通
営業時間 12:00~18:30(ラストオーダー18:00)
営業日 土、日、月曜日のみ営業
HP、オンラインショップはコチラ

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事公開当時のものです。