地元に愛されている手作り洋菓子店「アビニヨン」

西武新宿線「沼袋駅」から徒歩1分の場所にあるのが、今年で創業50周年を迎える老舗洋菓子店「アビニヨン」。

素材を厳選し、手間暇を惜しまず、ひとつひとつ丁寧に手作りされた洋菓子は、地元沼袋のお客さん3世代にわたって愛されています。

焼き菓子50種類、生ケーキ30種類が常時取り揃えられていて、商品の種類はじつに豊富。店内にぎっしり並べられているお菓子を見ると、どれを買おうか迷ってしまいます。焼き菓子の詰め合わせなどはお土産で購入されるお客さんが多いとのことです。

そんな商品たちの中から「人気のお菓子ベスト3」を、アビニヨンのオーナーにご紹介してもらいました。

“アビニヨン” 人気のお菓子ベスト3

1位:王様ポテト(中野区認定観光資源)
「さつまいもを手で焼いているのですが、いもは裏ごしせず、ほくほく感を残すためにすべて手でつぶしています。知らない方は栗が入っていると思ってしまうほど“粒感”があります。先代が和菓子職人だったので、中のあんこも自家製で、軽い食感のスイートポテトとなっています。」

「王様ポテト」6個入り(1653円/税込)

2位:沼チョコ(中野区認定観光資源)
「“沼袋のしっとりチョコレートケーキ”の略です。お客さんから『沼袋の銘菓を作ってくださいと』言われて、沼からチョコを連想して作りました。チョコレートとアーモンドクリームと生地の8層からなっていて、濃厚でリッチな味わいとなっています。」

「沼チョコ」10個入り(2278円/税込)

3位:思い出プリン(中野区認定観光資源)
「ひと晩寝かせて旨味を引き出したプリンです。プリンに含まれているグルタミン酸(正確にはプリンを作るときに使われる牛乳に大量に含まれている)は、母乳にも含まれている旨味成分のひとつです。だから、初めて味わった思い出の味という意味をこめて“思い出プリン”と名付けました。硬くもなく柔らかくもなく、ミルキーで甘さ抑えめに作っています。」

「思い出プリン」(324円/税込)

ちなみにこの3品は、「中野の逸品グランプリ」各年度で受賞している商品です。
沼袋にお越しの際には、ぜひお土産に買ってみてください。

 

アビニヨン
所在地 中野区沼袋1-37-11
電話 03-3385-4336
営業時間 10:00~19:00
定休日 火、水曜日
アクセス 西武新宿線「沼袋」駅から徒歩1分

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事取材当時のものです。