人と人とがつながる憩いの場「silo coffee stand」

JR中央線「中野駅」南口から線路沿いを東へ歩いて行くと、商店街の中に「silo coffee stand(シロコーヒースタンド)」があります。

オーナーのヤベケンタさんは美容師。2015年、この商店街に美容室「silo」を、2019年にマツエク&ネイルサロン「silo eyelash」を、そして、2020年に「silo coffee stand」をオープンしました。
ヤベさんは、美容師を「たくさんの方の人生に携わることができる幸せな仕事」だといいます。それでは、なぜ美容師がコーヒースタンドを開くことになったのか?

コーヒーが日常に欠かせないヤベさんは、この商店街に自分好みのコーヒーが飲めて、地域の方が集まるコミュニティが作りたいという思いがあり、お店をオープンしました。

ヤベさん自ら、朝から美容院が開くまでバリスタを務め、その後は現在3人いるバリスタが日替わりで店長を務めます。

店名の「silo」は、「白」から来ており、「真っ白なキャンパスをみんなの個性で自由に描いてほしい」という想いが込められています。

ヤベさんは、バリスタが個性を活かして、お客さんに喜んでもらえるものを作りたいという思いを尊重しています。この3人のバリスタが個性を発揮していてこその「silo coffee stand」だそうです。

 

一番人気の「ラテ」(430円/税込)

 

手作りのケーキやサブレも提供

 

テイクアウトだけでなく、店内と店外のベンチに座って飲むこともできます

シロコーヒースタンドは、単においしいコーヒーが飲める場所であるだけでなく、人と人とがつながる憩いの場なのです。

 

silo coffee stand(シロコーヒースタンド)
所在地 東京都中野区中野2-11−3 ステージファースト中野駅前 101
電話  03-4285-4766
営業時間 平日/8:30〜14:00 15:00〜18:00
     土日祝/8:30〜13:00 14:00〜18:00
定休日 なし
アクセス JR中央線「中野駅」南口徒歩4分

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事取材当時のものです。