美食の代名詞「フレンチ」を中野でいただく!

世界三大料理のひとつ、フランス料理。少々敷居が高いイメージがあるジャンルですが、中野にも気軽においしいフレンチがいただけるお店があります。

東中野「le petit oiseau(ル・プチワゾー)」

JR中央線「東中野」駅から徒歩2分ほど、赤いタイル壁が目印の小さなお店ではくつろいだ気分で美食を堪能できます。旬のおいしい野菜も特徴です。

フレンチといえば、やっぱりコース料理!その一部をご紹介します。

前菜「自家製シャルキュトリの盛り合わせ」左から鶏のゼリー寄せ、ロースハム

常連客にファンも多いという自家製の前菜盛り合わせ。ゼリー寄せは非常に評判が良く、季節を問わず登場しているそうです。華やかな柑橘系の香りがとても爽やか。ロースハムはしっとりした食感に穏やかな良い香りが口に広がり、食べる手が止まらなくなるおいしさ。どちらもあっという間に食べてしまいました。

★le petit oiseau(ル・プチワゾー)の詳しい情報はこちら

哲学堂公園もほど近い「ロイスダール中野本店」

パンやお菓子で有名なロイスダールですが、なんと中野に本店があり、さらにはレストランがあります!パンや洋菓子以外にも、いつもと違うロイスダールのおいしさを楽しめるフレンチレストランです。

ロイスダールのスペシャリテ「ビーフシチュー」1,944円(税込)

開店当初からのレシピで作り続けているというお店の味、ビーフシチューはシェフもおすすめのぜひ食べてほしいという逸品。香り高いシチューに大きな肉と鮮やかな野菜!目にもおいしい一皿です。
パンやケーキは店舗1階で焼いたものを提供しており、14時30分からはカフェタイムもあるため、おなじみのロイスダールの味も楽しめるレストランです。

★ロイスダール中野本店の詳しい情報はこちら

鍋横商店街の端っこ、気楽なフレンチビストロ「Trevis(トレビス)」

鍋横大通り商店街の東の端にあるのがフレンチビストロTrevis。地元の人に愛される、気楽に美味を楽しめるビストロです。

リピーター続出!「骨付仔羊のニンニク焼き」1,620円(税込)

一度頼んだお客さんがまた注文するという、豪快な骨付肉。シェフには「手で掴んでかぶりついてください」と言っていただけました。料理の他にもワインはさまざまな種類が用意されており、グラスワインも赤・白3種あるなど気分に合わせて楽しめる豊富なメニューが揃っています。いわゆる「フレンチレストラン」とはまた違った、気楽にお酒も料理も楽しめる雰囲気が魅力です。

★Trevis(トレビス)の詳しい情報はこちら