東中野で”ちゃんと”フレンチ le petit oiseau(ル・プチワゾー)

中野で本格フレンチを心ゆくまで味わえるのが、東中野駅から徒歩2分ほどの場所にある東中野の小さなフランス食堂「le petit oiseau(ル・プチワゾー)」です。

フランス料理の真髄・コース料理もお気軽に

ランチコースは2,000円(税込)、ディナーコースは3,800円(税込)〜とお手ごろ。さらに事前に相談すれば、金額に応じたアレンジなども対応していただけるとのこと。美味しさを楽しんで!という気遣いが嬉しいお店です。

ディナーコース(3,800円(税込)〜)のメインの一例「子羊もも肉のロースト」添えられる野菜は季節に合わせた旬のもの

メインの肉には旬の野菜が添えられます。お伺いした5月の場合は、じゃがいも、チコリ、アスパラ、アスペルジュ・ソバージュの4種類でした。アスペルジュ・ソバージュとはアスパラに似た、フランスに春を告げる山菜なのだそう。ほっそりとした軸はとても柔らかく、山菜らしい苦味もほんのりと感じられて、中野にいながらにしてフランスに思いを馳せる印象深い一皿となりました。

ぜひ味わってほしい前菜は自家製シャルキュトリ

メインの肉や魚の料理はもちろんですが、イチオシは前菜だそう。自家製のシャルキュトリ(食肉の加工品)を盛り合わせにした一皿はさまざまな味が楽しめるお得感もあり、お酒を合わせるお客さんも多いそうです。

前菜の一例「自家製シャルキュトリの盛り合わせ」左から鶏のゼリー寄せ、ロースハム

手前左の鶏のゼリー寄せは柑橘の香り高く、のどごしも気持ちよいおいしさ。右のロースハムはおいしさが逃げないよう、提供する直前にカットされたもの。穏やかな良い香りに包まれたハムはしっとりと柔らかく、どちらもあっという間に食べてしまいました。

中野でおいしいフランス料理を

オーナーシェフの藤原さんは「ちゃんとおいしいフランス料理をゆったりと味わってほしい」という思いから、美食を味わう環境づくりにも気を配ってくださいます。来店した客の食事を最高の体験にできるよう、詰め込んだ予約は取らないなどの徹底ぶり。

落ち着いた店内は広すぎず、シェフの目が行き届く。心遣いに溢れたシェフのもてなしに任せて、くつろいで料理を楽しめます。

パーティーなどで貸し切りになることもあるので、来店前に電話での確認がおすすめです。その際、予算やベジタリアンメニューなどの要望を伝えると、お店で素敵な時間が過ごせるようにシェフが相談に乗ってくれますよ。

季節の食材をいつもより贅沢にいただけるフランス料理店、東中野のle petit oiseauで食事を楽しんでみませんか?

le petit oiseau(ル・プチワゾー)
所在地 中野区東中野1-49-4 都ビル1F
アクセス JR中央線「東中野」駅東口徒歩2分
営業時間 ランチ 11:30〜13:30
     ディナー 17:00〜22:00
定休日 月曜日 他、月に1回程度不定休
電話 03-5330-1217 ★事前の電話連絡がおすすめです。
ホームページ http://www.le-petit-oiseau.com/
Facebookはこちら ★休日のお知らせ、メニューなどがあります。

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事公開当時のものです。