店内で職人が作るクラフトビール「中野ビール工房」

木製の看板が目を引く「中野ビール工房」

木製の看板が目を引く「中野ビール工房」

中野ブロードウェイ近くにある「中野ビール工房」は「職人の手作りクラフトビール」そして「まさにできたてビール」を堪能できるお店です。山谷店長醸造家でもあり、「麦汁」造りから「発酵」までを店の奥にある工房で手作りしています。

今回は一番人気という「ウィートIPA」680円(税抜)を飲ませていただきました。ぐっと冷えたビールを一口飲むと、ほんのり甘みが口に広がったあとに、ずっしりとホップの苦味がグッと味を引き締めます。

山谷店長おすすめのビールを注いでもらいました。

山谷店長おすすめのビールを注いでもらいました。

もちろん店内でお料理と一緒にいただくのも良いですが、持ち帰り用のマイボトルやペットボトルもあって持ち帰りができます。店内入り口の横に持ち帰り用の「マイボトル」も販売しています。

クラフトビールをお持ち帰りができる「マイボトル」1,800円(税抜)

クラフトビールをお持ち帰りができる「マイボトル」1,800円(税抜)

飲み放題プランもあります。301,000円~1202,500円(税抜)まであり、軽く飲みたい方から飲み倒したい方まで、まさにビール好きにはたまらないプランもあります。

食事のメニューも豊富で店長オススメの「フィッシュ&チップス」680円(税抜)、「魅惑のガーリックシュリンプ」880円(税抜)など色々ありますが、今回飲ませていただいたビールはしっかり味があるので、「いぶりがっこクリームチーズ」680円(税抜)「ドイツ産プロシュート」780円(税抜)等が付け合せとしておすすめです。

どれもこれもビールに合います!

店内は手作り感いっぱいの職人らしいこだわり空間でそれほど広くありませんが、ロフト的な着座席もあり、隠れ家的な感じでご一緒の方と美味しいビールを飲みながら時間を過ごせます。

木で組んだロフトのような空間はビールを注ぐ様子が上から見られる特等席です。

木で組んだロフトのような空間はビールを注ぐ様子が上から見られる特等席です。

中野ビール工房
所在地 東京都中野区中野5-53-4
アクセス JR中央線「中野」駅北口徒歩6分 昭和新道商店街板塀前
営業時間 【月~金】 17:0023:30 (L.O.23:00)
     【土】15:0023:30 (L.O. 23:00) 
     【日祝】15:0022:30 (L.O. 22:00) 
電話 03-3385-3301
来店前にお店へ電話での確認がおすすめです。

★お店の公式サイトはコチラ