真夏のダルさを吹き飛ばそう!中野で楽しむ中華料理「Sai (サイ)」

こんにちは!みなみです。
暑い日が続き、身体がちょっとお疲れモードな今日このごろ。

なにか元気が出るものを食べたいな〜。
ということで、家族でやってきました。
お気に入りの中華料理屋さん、Sai

土曜のお昼、開店前から並んで入店。
この日は、開店までに5、6組のお客さんが並んでいました。

駅からは少し離れている、早稲田通りに面した、決して大きくはないこのお店。
実はグルメな方には有名なお店なのだとか。
実際、ランチが安くて(←重要)おいしいので、我が家もときどき利用させてもらっています。

メニューは麺モノが800円(税込)、ごはんモノが900円(税込)。

気分で点心セットやデザートセットを組み合わせて、注文できます。 

デザートやドリンクも種類が豊富。
 
夫と私は温かい麺を、娘はどんぶりものを注文しました。

きました!夫の担々麺。

見た目は真っ赤ですが、そんなに辛すぎず、汗をかきつつも、最後までおいしく食べられます。

私は、青のりそば。

魚介のダシ(たぶん貝?)が効いていて、ぜんぜん脂っこくないので、暑い日でもスルスル食べられます。
大盛りを注文しましたが、夫と娘にもちょっとおすそ分けしつつ、スープまで飲み干せるおいしさでした。
二日酔いの翌日でも、ペロッといけちゃうかも。

娘は、豚肉が乗った蒸しごはん。

器ごと蒸籠で蒸されてテーブルに運ばれてくるので、アツアツのおいしさを楽しむことができます。
子供には熱すぎるので、取り皿にとりわけながら与えました。 

ちなみに、白いごはんを注文したときも、こんなふうに蒸籠ごとテーブルに提供してくれるので、最後まで温かく、おいしくいただけます。

この日は、点心三種セットも頼んじゃいました。

カラフル!
中の具材も凝っていて、明太子入りの餃子(黄色)が特においしかったです。

小籠包セットは、上の点心三種に小籠包がつきます。

これもおいしいんです!

 

針生姜を乗せ、黒酢をかけていただくのですが、口に含むと、中からうまみたっぷりのスープがじゅわっとあふれ出て…!
噛んで飲み込むのがもったいないくらい。
ああ、小籠包だけ、5個くらいまとめて食べておなかを満たしたい…。

おいしくいただいて、さあ、お会計…と思ったら、ランチタイムはクレジットカードでのお支払い不可とのこと。
ランチを食べに行くなら、現金を多めに持っていきましょう。
そしてメイン料理だけでなく、点心と小籠包をぜひ楽しみましょう。
よかった、現金持ってて。

ときどき貸し切り営業もしているようなので、行ってみたけど入れなかった!なんてことにならないよう、事前の確認をおすすめします。

★このお店の公式サイトはコチラ

Sai (サイ)
住所 中野区野方1-6-1 カサフェリス 1F
電話番号 03-6454-0925
営業時間 11:30〜 (無くなり次第終了、13:00過ぎ)/18:00〜22:30(L.O.21:30)
※不定休
アクセス 中野駅北口から 徒歩13分

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事公開当時のものです。