中野駅北口の素敵なワインバー『BIANCOROSSO』で仕事帰りに軽くワインを!

 

中野駅北口の「中野四季の森公園」の近くに、素敵なワインバー『BIANCOROSSO』さんを、みつけました。

 先ず、中野駅から野方駅に向かう最初のバス停「区立体育館」の目の前の歩道入口の真っ赤な看板が目をひきつけます。

 

ビアンコロッソの赤い看板

ワインバー『BIANCOROSSO』さんは、和歌山にある食品商社の「株式会社仙石」の直轄の東京のお店(ワインショップ&ワインバー)とのことで、2016年6月11日に開店しました。

★『BIANCOROSSO』さんの公式サイトはコチラ

このお店は、ワインを購入するだけでなく、店内のバーカウンターで角打ちスタイルでグラスワインを楽しめ、また定期的に、ワインイベントやセミナー、そしてときにはライブ演奏も開催しているそうです。「ビアンコロッソ(BIANCOROSSO)」とは、イタリア語で白・赤を意味し、ワインと、日本の国旗の色を象徴する2色で、ワインと日本の掛け橋になりたいという想いを込めているそうです。上記HPをご参照ください。
店内は、ワインはもとより、ワイングッズ、フード(ペースト、ソース、瓶詰オイルサーディン、スナック、ドライフルーツ・ナッツ、バルサミコ)そして、各種オリーブオイルが所狭しと陳列されており、目移りします。

ワインのおつまみの陳列棚です

飲み比べのワインサーバーです

スペインの2種の白ワイン(90cc)の飲み比べ(1,000円税別)

ワイングラスの奥にみえるワインセラー(14℃キープ)

 この『BIANCOROSSO』さんは、以前(2017年5月)、雑誌「Ku:nel7月号」の記事の「女性も通える立飲みのお店」特集に掲載されていたそうです。

店長の寺島さんはワインの知識も豊富です。また笑顔が素敵なお話しもお上手な方で、自然に会話がすすみます。そして、ふらっと、立ち寄るお客様も皆さん素敵な方々ばかりで、気が付くと何故か自然に会話が成立しております。

 今回は、「中野区内にある駅」から区境を目指してのブラブラ散歩の「まるっと中野」のレポート(区境経由のブラブラ旅 その2 「野方駅~中野駅」)の際、中野四季の森公園の近くでみつけた外観が素敵なお店(BIANCOROSSO)の紹介でした。

是非ともお仕事の帰りや、中野四季の森公園での散歩の帰りに立ち寄ってみては如何でしょうか。

BIANCOROSSOの外観

 

レポーターは、Alohasnessでした。

 

BIANCOROSSO
住所 東京都中野区中野4-7-8 1F

電話番号 03-5942-6058
営業時間/13:00~21:00(火~金・日曜)
     13:00~22:00(土曜)
定休日/月曜日 (祝日の場合は翌日火曜日に振替)
アクセス JR中野駅北口より徒歩5分のけやき通り沿いです。  

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事公開当時のものです。