お酒をレコードと一緒に楽しもう「ハラーズ」

レコード&ダイニングバー「ハラーズ」外観

JR中野駅から徒歩2分、中野ふれあいロードにあるダイニングバー「ハラーズ」。

1981年から約40年経営を続けるこのお店は、お酒と一緒にレコードを楽しむことができるんです。

アメリカンオールディーズでおしゃれな店内

店内に流れる曲はジャズが中心ですが、他にもロック・ソウル・ブルース・R&B…などなど、非常にバリエーション豊か。

40年の間に歴代のマスターが集めたアルバムが、そのお店の歴史としてそのままラインナップになったという感じです。

こちらがハラーズのレコードプレイヤーが設置されている場所。

ネオン鮮やかで大人のバー、といった雰囲気です。

レコードプレイヤーはこちら。

外の通りからも見えるだけあってレイアウトも凝っています。

現在のマスター、初代マスターの息子さんである原田さんにレコードについてお話を聞いてみました。

「昔はここの店舗だけでなく、ジャズ喫茶やライブハウスも経営していたんです。時代の流れとともに今はここだけとはなりましたが、それでも多くの人が毎日訪れてくれています。昔からレコードを聞いていた人はもちろんのこと、最近は若い世代の人たちもレコードを気に入ってくれる人が増えたと思います。僕はレコードの魅力はやっぱり音だと思っています。MP3みたいなデジタルにはない音質、素人でもわかる感覚ってやつでしょうか。それにジャケットが素晴らしいですよね。アートなポスターって感じがして。こういうのも含めて惹きつけられた若い人たちがハマっているんだと思います。」

マスターオススメの「ROLLING STONES/LET IT BLEED」

このお店は朝方までやっているバーということもあって、大いに騒いで盛り上がるお客さんも多いとのこと。

その盛り上がりに合わせて最大限、マスターが流す曲を変えているのだそうです。

 

「ハラーズ」はダイニングバーということもあってお酒の種類は流石に豊富!

その中でもマスターのオススメは 「アブサン」という種類のお酒です。

マスターオススメのお酒「アブサン」は豊富に取り揃えています

アブサンは薬草を使ったチェコやフランスのお酒で、そのアルコール度数はなんと70%!

当然このままは飲めないので水で薄めて飲みます。

アルコール度数70%のお酒「アブサン」は水で薄めて飲みます

お砂糖を溶かして飲むのも美味しいですよ

 このお酒、その強さからかアーティストたちに人気があるのだとか。

あの「ひまわり」のゴッホも好んで飲んでいたそうです。

 

中野にあるダイニングバー「ハラーズ」。

レコードとお酒におおいに酔って盛り上がりたい人は、是非一度訪れてみてください。

 

 

ハラーズ
住所 中野区中野5丁目35−8
営業時間 日〜木/18:30〜3:00、金土/18:30〜翌5:00
定休日 年中無休
電話番号 03-3389-3078
アクセス JR中野駅より徒歩2分

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事公開当時のものです。